» 有料noteはじめました!

ブログよりさらに実践的な話をnoteで更新中!

独学でフリーランスWEBデザイナーになる方法を360円で

学校にもいかず、特に誰かメンターがいたわけでもない。
それでも独学で月1,000万円稼げるようになるまでを解説中。

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

ゆるく、自由に、成し遂げて生きる。 これからの10年で歩む道を決めた。2016.10.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここしばらく、今後の生き方について考えていて。

10年間、それはもう怒涛のように、いつ死んでもいいやってくらいには、全力で走ってきました。でも、こうして振り返ってみると、今生きていてよかったなぁなんて思います。当然ですが。死んでもいいや、とか言うべきじゃないと思います。

ただ、次第に昔みたいに頑張ると、身体に異変が起こるようになったりして、無理がきかなくなっていることが、すごく深くわかったりする。もう少しいけるべ、なんて自分で自分の背中を押してみたりすると、次の日は何もできなかったりする。

もしかすると、ちょっと戦い方を変えなきゃない時期に来ているのかもしれなくて。だから、ここ最近はどうやって次の人生を生きていくかを考えたりしていました。

夜、家のまわりを散歩したり、人と話したりして気づいたのは「今の社会って距離感がすごく大事だ」ってこと。昔は企業が何か情報を発信したり、サービスや商品を売っている人が、どれだけその商品がいいものかをアピールすれば、魅力をわかってもらえる時代にあった。けれど、今はそうじゃない。

どんな商品であっても、サービスであっても、大切にされているのは距離感だ。企業と人、サービスとユーザー。昔の村社会のようにとは言わないけれど、有機的なレスポンスや繋がりみたいなものが、事業と顧客をつなぎ合わせている。

昔も、ちょっとはそういうの、あったのかもしれないです。でも今は、もっとなんというか、距離感が近い。人の体温が伝わるくらい近づく必要がある。人は距離感に信頼を感じて、サービスや商品を気に入ってくれる。

昔より、ありのままの人間性を、人は企業に欲してる。企業相手なのに、企業としてのうんぬん以上に、精神性や、在り方や、人間性を求めている。有機的な繋がりみたいなものを、めいいっぱい見出そうとしている感じがしてならない。時代の節目が伝わってくる。

きっと、モノが増えすぎて物質的な欲はもう埋め尽くされたから、繋がりの強さが差別化になっていくのかなと。

この考えが間違ってるとか、正しいだとか、そんなのはどうだっていい。、正しいか間違っているかなんてことは、今後の時間が決めてくれるんだから。

ただ、なによりも、そんな人間性や人間味みたいなものを事業に求めている時代の方が、好きだなあと。むしろ、そうあってほしいと思った。

これからは、作り出す仕組みに「人間性」を持たせていく時代だ。そして、僕自身もたくさんの人とリアルやネットを通して繋がって、人間性や、気持ち、意思、感情、仕組みだけではなく、人としての部分を共感に変えて行く。

photo-1468802337661-685a628d58a1

演じる必要なんてない。

ありのままの人間としての自分や、仲間や、一緒にこれからすすんでいこうと話をしてくれる人たち。そして、ふと気づいた僕自身の本当の気持ちや成し遂げたいこと。全てひっくるめて、偽ることなく進んでいく。

欲もある。楽しく生きたい。自由でありたい。弱い所もあれば、強いところもある。行きたいところや体験したいこともたくさんある。みんなそうだ。隠す必要なんてどこにもない。疲れたら疲れたって言えばいいし、泣きたかったら泣いたら良い。

ただ、素直に生きるだけじゃなく、成し遂げ続けていたい。認知される一発を世界に刻み続けたい。誰かにとっての革命的な何かでありたい。ただ、永遠に全開で進んでいると、動けなくなってしまうから、自分なりの速度を確かめながら、今走れる最大限の速度で進んでいく。

全ての人間っぽさも含めて、今後を作り上げていきたい。

だから「ゆるく、自由に、成し遂げて生きる」という一言が、とても今の時代のあり方と、自分の状況に適合しているように思えた。

ゆるさの中には、仕組み化とロジカルになりすぎた社会に対して「落ち着けよ、リラックスしていこーよ」って、無駄な「りきみ」をなくす意味がある。自由にっていうのは、発想。今までこうだったからとか、こういうもんだとか、1つの考えに固執したりしないって意味と、生き方や働き方の多様性が感じられる。そして、成し遂げる、っていうのは「リラックスして自由自在な生き方と発想」の中にも芯の強さがイメージできる。

何か偏りすぎて無機質になりすぎた社会が、どんどん有機的になっていくさまが、この3つのワードで表現できるように思えた。実際、僕自身もそんな生き方を強く、望んでいて。

楽しさや、哀しみや、喜びや、自分自身とチームの良いところも悪いところも含め、人間らしく表現していこう。何かに圧迫されて、仮面をつけて生き抜いていく時代はもう終わりだ。これからは、全てにおいてありのままに生きていく。そんな在り方を、いい意味でプロジェクトにも反映していかなくちゃ。

あるがままに生きて、自由に、自在に、リラックスして、かつ芯をしっかりと持った生き方へ。その在り方は、企業文化になり、風土になって、チーム全体に広がって後に残されていく。疲れたら休んで、泣きたかったら泣いて、笑う時はめいいっぱい笑う。人間としての自分自身を活躍させられる場所を作っていこう。

一緒に歩をすすめてくれるみんなにも、仕事だからとか会社だからとかじゃなくて、本来の自分そのままに歩んで欲しい。普段、人前で泣かない人ほど誰よりも影で泣いていたりするし、めいいっぱい頑張る人ほど崩れやすかったりする。だから、我慢しないで自分のありのままを受け止められるような風土はなにより大切だ。

「ゆるく、自由に、成し遂げて生きる」

今は、これ以上、生き方を決める上で最適な言葉は、見つけられそうにないなぁ。

そんなわけで、今後は、人としての強い部分や弱い部分、全部含めた事業の在り方を大事にしていきます。そして、作り出す事業にも、コンセプトやマーケティングのどこかに人間の強さや優しさ、なんなら弱さも織り込んで築き上げていけたらと思います。

さて、これからも、たくさんの人に迷惑をかけたり、一緒に楽しんだりするんだと思いますが、今後共、何卒、よろしくおねがいいたします!

独学で年収1,000万円越えフリーランスWEBデザイナーになるには?
有料noteで20,000字超えのボリュームを「360円」で販売中!

「独学で年収1,000万円越えフリーランスWEBデザイナーになった方法を有料でも聞きたい!」とのリクエストにお応えしnoteで20,000字、360円で書かせて頂きました。効率のよい独学やWEBデザイナーになった方法、フリーでの稼ぎ方など参考にして頂ければ嬉しいです!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。シリコンバレーで事業デザインを学んだ後に帰国。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。
また、同時期に「習得を加速させる」をテーマとしたデザイン×プログラミング習得コミュニティ「BASE.91」を立ち上げました。お気軽にご参加ください!

Twitterお気軽にフォロー&友達申請してください^^
WEB制作、プログラミング、フリーランス、起業、スタートアップ関係つぶやきます。
https://twitter.com/shota_ueyama

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と