» STARTOUTで学ぶ!

Twitterで集客するなら!「自然な共感を得るつぶやき」のコツ!

マーケティング|2017年02月04日

2017年02月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterを使って集客する時に、これだけは気をつけてほしいことがあります。

よくやってしまいがちなんですが、集客を狙うアカウントが、必ず犯しがちなミスがあるんです。

それが「誰かに向かって呟くこと」です。

集客に使おうと思っているのに「誰かに向かって呟いてはいけない」とはどういうことか、と感じる方もいるでしょう。

いくつか理由がありますので、よく考えてみてください。

まず、Twitterはよりユーザー同士の関係性が近い場です。

チャットに近いものがあり、よりリアルタイムなコミュニケーションを行うことにすぐれたSNSです。

だからこそ、人はTwitterのアカウントに人間性を求めます。

自然体であり、本物の人間であるという証明が、より信頼感と親近感を生むのがTwitterなのです。

人間性をそのまま感じられるようなアカウントであることが、フォロワーに好かれる秘訣の1つです。

何か業務的なアカウントや、一方的に押し売りをしてくるようなアカウントは、特に嫌われます。

一回、なんらかの理由でフォローされたとしても、意見の押し売りのようなアカウントは、フォローを外されてしまうでしょう。

また、基本的にTwitterの基本はつぶやきです。

だから「つぶやかないで発信する業務的なアカウント」は嫌われるわけです。

ところが、Twitterを一度運用しはじめると、何が「業務的」なのか気づきにくくなってしまいます。

ここが落とし穴なんですね。

業務的なつぶやきとは何かというと、冒頭にお話した「誰かに向かってのつぶやき」なのです。

Twitterをよく観察していると、気づくことがあります。

「〜〜ですよね」「〜〜がおすすめです」「〜〜すべきです!」「〜〜て思いませんか?」

一見丁寧に見えて、このように誰かに何かを求めるつぶやきが、本当に胡散臭いのです。

ただ、他の広告やマーケティングの場なら、上記の表現は使われていて当然のものです。

でも、Twitterだと基本的にNGです。

なぜでしょうか?

すでにお話しましたが、Twitterの基本はつぶやきです。

皆、自分が思ったことや感じたことを、誰かに発信するわけでもなく、ぼつっと呟きます。

基本は独り言なのです。

そんな文化で運営されている場所で、いきなり外へ発信し始めるから胡散臭いのです。

よほど好感度の高いアカウントでない限り、発信されただけで、拒否反応を示されます。

一発で、商売用のアカウントだと見抜かれ、顧客は離れていきます。

では、よいつぶやきとは何なのか。

それは「誰かのためになる独り言」です。

カフェの中で隣で話している誰かの話が、たまたま為になるように。

電車の中で、隣に座っていた人たちの会話が面白いように。

独り言でありながらも、それをたまたま耳にした人が「タメになった」と喜ぶような発信方法にすべきなのです。

人間性を保ち、独り言をつぶやき、それが誰かのためになること。

TwitterにはTwitterの文化があります。

その流れを掴むことなく、好き勝手やれば、それはただの空気が読めない人です。

自分がフォローしている人は、誰かに向けて発信していますか?

ほとんど見かけないはずです。

フォロワーをたくさん集めはしたけれど、発信しても誰も見向きもしてくれない。

いいね!もリツイートも1つもつかない。

そんな、無意味なアカウントになってしまいます。

誰かに役立つ「つぶやき」を。

押し売りではなく「拾われる情報や言葉」を。

自分がまわりからどう見られているか、しっかり認識してTwitterを運用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家にいても、収入を得る力、手に入れてみませんか?

WEB制作技術を習得し、自分のWEBサービスを作ってみよう!

将来、WEBデザイナーになりたい、エンジニアになりたい。
自分のサービスを作って食べられるようになりたい。
そんな方に向けて、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービス「STARTOUT」を開発しました。
自分の事業やサービスアイディアの出し方から、マーケティング、そしてWEBデザインやプログラミングの技術まで体系的に学習できます。
ゼロからWEBサービスを作り、販売し、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら!

 さらに収益化するための情報はこちら!

SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。その後、アメリカで事業デザインを無理やり学ぶ。帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。また、すべての人に起業スキルをというビジョンのもとに、複業と起業の教育・支援プラットフォーム「STARTOUT」を開発、運営。

  1. ホーム
  2. マーケティング
  3. Twitterで集客するなら!「自然な共感を得るつぶやき」のコツ!

SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。その後、アメリカで事業デザインを無理やり学ぶ。帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。また、すべての人に起業スキルをというビジョンのもとに、複業と起業の教育・支援プラットフォーム「STARTOUT」を開発、運営。

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら