世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

スタートアップって何? 事業を最速で成長させる方法。2016.12.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタートアップが何かを知らない人は多いのではないでしょうか。

その名前も聞いたことがない、もしくは聞いたことがあるけど、意味はよく分からない、という方が大半のような気がします。

聞いたことがある人は、おそらくこう考える人がほとんどでしょう。

事業を作ったけど、始めたばかりの会社。

今まさに、事業をスタートさせたばかりの会社。

このような意味で使っている人が、多いのではないでしょうか。

ただ、この認識は間違いです。

スタートアップは、元々、開始されたばかりの事業や会社を意味する言葉ではありません。

今回は、スタートアップの本来の意味について、お話していきたいと思います。

スタートアップは新しい価値を世の中に生み出し、爆速で成長させることを目的とした起業スタイル。

結論から言うと、つまりそういうことです。

「新しい価値を世の中に生み出す」こと。そして「一気に成長させる」こと。

その目的を持って、組まれたチームなのです。だからこそ、「新しい価値を世の中に生み出す」「一気に成長させる」という2点において、圧倒的なノウハウが蓄積されています。

スタートアップとしての在り方やノウハウは、企業全体にとって有益なものです。

事業を起こすのであれば、最速で成長したいと考える人は多いでしょうし、かつ新しい価値を生み出したいと考えている人もたくさんいます。だからこそ、スタートアップの方法論が注目されるわけです。

なお、ゆっくりでも成長していこうという会社は、成長段階に関わらず、中小企業と呼ばれます。

そして、新しい価値を生み出すことなく、既存の領域に参入していくものも、大抵の場合、中小企業です。

実際、起業を教える学校であっても、勘違いして教えているところも多いです。

もし、スタートアップを「始めたばかりの」というニュアンスで使っているメンターがいたら、その人は知ったかぶりなので、あまり信用しない方がよいです。

スタートアップはどうやって最速で成長するの?

最速で成長するためのノウハウは、一言では言えません。

僕が書いている他の記事にノウハウが散りばめられているので、ぜひ読んでみて下さい。

でも1つ確かなことは、従来の考え方を全て一回取り払って、根本から何が一番成長できるのかを研究し続けている、という点にあります。

これまで日本社会で言われてきたような、マーケティング方法や起業手法の常識に当てはめず、合理的に最速で成長する方法やリスクを軽減する方法などを、徹底的に紐解いているのです。

例えば1つがリーンという手法。とにかく最小限の内容でリリースし、ユーザーの声を聞きながら修正と改善を繰り返していく手法があります。

単なる既存のデータや自分の予測を元に労力と時間をかけて作り込むより、実際に出してみて市場の反応を見ながら作り込んだ方が、リスクが少なくなるという考え方です。

もうリーンも古いなど言われていますが、ちょっと考え方を加えれば、まだまだ現役で通用します。

というより、今や世に出るビジネスやサービスは、デジタルを中心に、ほとんどリーンのやり方になっています。

日本は未だに、その速度感に対応しきれていないところがありますが、対応していないからこそ世界のサービスや商品にメジャーどころを持って行かれていると言っても過言ではありません。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

posted with amazlet at 16.12.25
エリック・リース
日経BP社
売り上げランキング: 5,762

他にも考え方で言えば、たくさんあります。

成功するチームを作るために「ヒップスター(デザイナー)」「ハッカー(エンジニア)」「ハスラー(プレゼンテーションや資金調達)」の3名を集めて最初のメンバーとするという考え方。

投資家やベンチャーキャピタルから投資を募り、事業展開をスピードアップさせていくことを前提とした方法。

特に資金調達に関しては、事業の速度をあげることに最も有効なので、徹底的に考えぬかれていたりします。

こうした様々な手法をもってして、最速で事業を成長させていくのが、スタートアップという事業作りの方法でもあるのです。

tvpvrobv0f4-james-padolsey

スタートアップの方法論は、大企業から中小企業まで必要とされている。

特に最近はじまったことではありません。

数年前からスタートアップのこれまでの方法に縛られない考え方は、中小企業から大企業まで必要とされています。

特に、意思決定の遅い大企業や、未だに1年も2年もかけて、ようやく新しいサービスや商品をリリースするような中小企業にとって、これらの方法論と成功事例は、希望のようなものとなっています。

今では、大企業が新規事業を立ち上げる時に、最速で成長するべく、スタートアップをチームに入れて開発を進めることができる「コーポレートアクセラレーター」というサービスやら制度のようなものも誕生しました。

スタートアップに数億という金額を払い、内部に入って新規事業の開発をしてもらうそうです。

ただでさえ、世界のスピード感に質も生産性もついていけない今の日本には、必要なノウハウと言えます。

何しろ、最速で開発し、最速で成功に導く方法なのです。そこに、これまで数々の問題を抱え、いまだ改善しきれていない日本企業が反応しない方がおかしい。

もちろん、これから事業作りを行う起業家にとっても同様です。

スタートアップの方法を理解し、実践することで、まったく実績ゼロの状態からでも、新しく事業を立ち上げ、最速で成長させていくことが出来るのです。

今後の事業作りを成功させるために、いち早く学び、実践し始める必要があることは間違いありません。

まとめ

スタートアップ、という意味はこれまで多く人々が勘違いをしてきました。

始めたばかりという意味として使っている人が大半でしたが、そうではなく、もっと深い理論と歴史、ノウハウが詰まっていることを、まずは理解しなければなりません。

「新しい価値を世の中に生み出す」「一気に成長させる」という2つのキーワードにおいて、徹底的に掘り下げている起業スタイルであること。

そして、今の社会にとって、スタートアップの起業手法は、一般的になってきているということ。

何より、これまでの日本社会における起業スタイルでは、解決しきれなかった問題を解決していくということ。

新しい価値基準や方法論が、今の社会では成果を出しているという圧倒的な事実。

スタートアップの方法を理解し、今後の事業作りに方法を使っていくことが、今の社会における最適な突破口の1つになります。

まずは、スタートアップを知り、認識をあらため、自分の仕掛けようとしている事業や、普段の仕事の仕方に取り入れてみてください。

実際に試してみることで、よりその方法論や考え方を理解しやすくなります。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

本日の関連書籍・アイテム

今回はスタートアップについて説明させて頂きました。これまで、勘違いされていた方、ご存知なかった方は、ぜひ書籍を読んで、理解を深めてみてください。最速で新しい価値を提供していくその在り方には、学ぶべきところ、吸収すべきところがたくさんあります。

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

posted with amazlet at 16.12.25
エリック・リース
日経BP社
売り上げランキング: 5,762
スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた
アニス・ウッザマン
講談社
売り上げランキング: 32,962

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最