月額540円で起業の教育と支援を受けられます。

OPENSEED AVERY 新規登録

起業したいけど知識が足りない。何から始めていいかわからない。
そんなあなたに、月額540円で、起業に必要な全てを提供します。

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

《必見》ソフト面とハード面の違いとは? わかりやすく解説します!2017.5.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上山です。

起業・副業を始めるとき、一番、気をつけるべきことがあります。
ちなみに、売り上げの高さや、市場規模ではありません。
どれだけ儲かるか、なんてことは、とりあえず横に置いておきましょう。
なぜなら、あらゆる事業は継続できればいずれ売れるからです。
それが、早いか遅いかの違いだけです。

では、一体何を考えるべきでしょうか。

答えは、コストです。
いかにコストをかけないかを考える必要があります。
事業は実際、コストが大きすぎると潰れます。
商品の原価、サービスの維持、固定費。
これらを最低限まで減らす必要があります。

大きく出費をするから事業は潰れるのです。
特に最初は、コストをかけずに継続できる状況を作るべきです。

少し考えてみてください。
今の時代、成長している企業はどのような企業でしょうか?
Google、Facebook、Tesla、日本で言うのであればメルカリ。
すべて、かかる経費がほぼ人件費のみからスタートした会社が成長しています。

つまり、ソフト面を販売している会社なのです。

ソフト面とハード面の違いって?

ソフト面とハード面の違いについて、覚えておく必要があります。
世の中のビジネスは主に、ソフトウェアを売るかハードウェアを売るかに分かれます。

ソフト面は主に無形の、ハード面の中で動く商品やサービス。
一方で、ハード面は主に有形のソフト面を動かす箱です。

ゲームであれば、プレイステーション4がハード面でゲームそのものがソフト面。
パソコンであれば、パソコン本体がハード面で、中のアプリがソフト面。
飲食店であれば、建物や器具がハード面で、サービス内容やビジネスの仕組みはソフト面。
教室であれば、建物や設備がハード面で、教える内容がソフト面です。

ハード面とソフト面、と言ってもITに限ったことではないんですね。
どんな事業においても、大抵ハード面とソフト面に分かれます。

では成長している会社について、改めて考えてみましょう。
Google、Facebook、Tesla、メルカリ。
全て、もともとはソフト面しか販売していなかった会社です。

ちなみにTeslaは電気自動車を販売していますが、実際売っているのはソフト面です。
車の中に入っているプログラムを開発することで、より燃費のいい電気自動車を作るのです。
車がハードだとしたら、中のソフト面を開発に当たる部分ですね。

なお、車本体に関しては様々な会社と提携することで作っています。
もともと、自社で工場を持って作っていたわけではありません。
ソフト面だからこそ、ここまで急激に世界に拡散して行ったわけですね。

今はソフトが成長する時代。

ソフト面は基本的に人件費しか原価がかかりません。
だからこそ、原価の計算をする必要があまりなく、稼げる仕組みを作れるのです。
原価の大きいハード面に比べて、非常に稼ぎやすい構造ができます。

GoogleやFacebookなどを引き合いに出されると、大きな話に聞こえます。
しかし、GoogleやFacebookは大きいからソフト面なわけではありません。
ソフト面だから、ここまで大きくなったのです。
当然、規模が小さな時から、ソフト面で勝負をかけて来ました。
世界のトップを引き合いに出すのは大きいからではなく「大きくなった」からです。

だからこそ、何か事業を始める時こそ、ソフト面で勝負をかけなければなりません。
有形のものではなく、無形のものです。
実際にコスト面や原価が人件費しかかからない商品・サービスで勝負すべきなのです。
そして、ハード面は大きくなってから作り出せばよいのです。

今、大手企業でもハード面のみの会社は根こそぎ衰退しています。

一昔前は、ハード面が儲かった時代だったので、ハード面を作れば十分だったんですね。
でも、今は時代の構造が根こそぎ変わりました。
ソフト面で勝負することによって、稼げる構造になってきたのです。

絶賛衰退中の大企業も、お金があるうちにソフト面を作ればよかったのです。
たくさん試して世界に浸透するソフト面を作っておけば、衰退は免れたでしょう。
結局、ソフト面の時代にハード面だけしか作れなかったから、衰退するのです。

今はじめるのであればソフト面を考えよう。

もちろん、もう少し時代が変われば、またハード面の時代はやってきます。
ソフト面が進化すれば、それを支えるハード面が必要になるからです。
今度は高額な値段でハード面が売れる社会になっていくでしょう。

ただし、今の時代にハード面で勝負するのは難しいです。
ハード面で勝負するとなれば、世界のインフラを狙う気概で行くべきです。
それこそ、AppleのiPhoneのような立ち位置を狙う必要があるでしょう。
中途半端なハード面は、全部潰されて終わりです。

なにしろ、新しいハード面なんて買う必要の無い世の中ですから。
だいたい欲しいハード面は出揃っているので、革命的な何かを仕掛けるしかありません。
しかも、ハード面を作る原価も大きいのであれば、それこそ小さく始めるのなんて無理です。
大きく開発費をかけて、革命を起こすくらいの気持ちで進む必要があります。

まず、小さなところから初めて大きくしていくのであれば、ソフト面を狙いましょう。
原価をなるべくかけず、人件費もかけず、固定費もかけずに始められる内容です。
冒頭でお話したように、ソフト面と言っても、プログラミングだけではありません。

サービス業などは、だいたいソフト面にあたります。
人件費だけで始められるような内容であれば、原価やコストはかかりません。
しかも、それが自分自身だけで始めるのであれば、リスクはほぼゼロです。
自分の体1つあれば、スタートできるわけですから。
ソフト面から始めれば、リスクを極限まで軽減した状態で始められます。

このように、ソフト面とハード面、2つの面からビジネスを捉えてみましょう。
そして、今の時代はハード面ではなく、ソフト面からスタートしてみましょう。
基本的に原価をかけなければ、マイナスになることはありません。
固定費を極限まで減らせる事業を頭においた上で、起業・副業を考えてみましょう。

月額540円で、起業を学び、支援を受けられるオンライン・プラットフォーム「AVERYβ版」公開しました!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。お任せください。AVERYでは「起業・複業」の全てが学べます。
AVERYは、あなたにとって最適な起業・複業プランを自動提案。様々な知識を提供するたけでなく、人や機会ともつなぎ合わせます。起業・複業を志す人が使うべきプラットフォームの最適解です。
起業・複業の「学び」と「支援」に、高い費用を払うのは、もう終わりです。一緒に、ワクワクする事業を作り上げていきましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最