世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

会社に認められる以上に、社会に認められる人間になるということ。2017.2.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社で結果を出すことは間違っていない。ただ「その会社でしか通用しないこと」で結果を出しても、まったく外では通用しないことがある。例えば、企業の看板が武器になる場合だ。

上の世代は安定を目指せという。とにかく大きな組織に入ったり、公務員になったり、安定を勝ち取ってくれと。ところが現実はどうだろうか。連日連夜、ニュースに取り上げられる大きな企業。その中に、果たして良いニュースがどれほどあっただろうか。公務員が安定ではない状況に晒されたことは、かつて本当に一度もなかっただろうか。現実に目を向ければ、〜が安定という言葉とは裏腹に、どんどんその神話は崩壊している。

そんな時、ふと思うことがある。

安定から突然外に放り出された人は、果たして優秀でいられるのだろうか?

これは、別に大きな組織に限ったことではない。ある程度仕組みが出来上がっていて、固定の取引先もあり、なんとなく会社にためこんできた人脈やリソースを使えばなんとかなってしまう場合であれば大抵あてはまる。そこでは、会社のスキームや付き合い方をある程度学び、それ以上を望むことがなければなんとかなってしまう。

そんな組織が何かで崩壊し、一歩外に出た時、果たして優秀な人は優秀でいられるのだろうか。

答えは、二極化だ。組織の外でも結果を出せる人間と、出せない人間である。場所を移しても同じように実力を発揮し、仕事が出来る人間。一方は、場所や環境が変わると、また1から組織の仕事の仕方を勉強し、やりなおさなければならない人間である。さて、この2つの差は、一体どこから生まれてくるのだろうか。

会社の力に甘えることなく、自分自身の能力を鍛え続けるか否か、に答えがある。

社会が今、どんな状況なのかを把握し、自分が社会にとって必要な知識とスキルを持てているか否か。これは、間違いなく重要な考え方だ。会社の機能の一部としてではなく、どんな会社の体制においても結果を出せるように鍛えてあるかどうかと言ってもいい。

もし会社が安定だからと言って、なんとなく上司に教えられた仕事をそれなりにこなし、過去から引き継がれてきた仕組みを回している場合どうなるだろう。当然、他の組織における仕事の仕方をまた勉強しなければならない。ゼロからの出直しだ。

だが、ここで1つ考えなければないことがある。そもそも、社会全体に求められる知識やスキルとは一体、どのようなものなのだろうか。

その謎を紐解く鍵の1つとして、まず時代の流れを読むことが必要となる。

1つは、インターネット、ウェブ、ITの知識を持っていること。

これらの知識やスキルは、業界、ジャンル関係なく全ての業界にとって、革命を与えている。全ての「モノ」がインターネットに接続される社会(IoT)の到来は、はじまっているのだ。最近では、近未来において人間を含め、全ての存在がネットに接続される、と言われているほどだ。これをIoE(Internet of Everything)という。つまり、今後、インターネットやITが、仕事の全て、物事の全てにとって重要な存在となってくる。

また、自分自身でプログラミングやウェブの制作が出来ると話は早い。もし良いアイディアが浮かんだら、ささっと作ってしまえるのだ。もしそれらの技術を持っていなければ、技術者の仲間を探すところからはじめなければならない。

そして、ビジネスやマーケティングの知識、ノウハウ。

組織を運営したり、商品を売ったりというスキルである。商売やサービスを作り出し、そして売るための根本的な知識を持っていることが重要だ。これを自分自身で研究することなく、会社の人脈やリソースを使うことのみに集中してしまうと、既存の方法論を回すだけの存在となってしまう。

例え、既に作り上げられた仕組みがあったのだとしても、自分自身で考え、開拓し、方法論を作り出していくことが重要だ。そうでなければ、別の組織に移る、もしくは自分自身で何かを始めた時に、大きな壁にぶつかることになるだろう。

また、言語力も大切だ。

海外からどんどん新しいサービスが参入し、日本企業の競合となる時代である以上、単純にお金を持っている方が勝つ。つまり、世界に事業を展開し、たくさんの資金を集めることが出来る企業が勝つのはある種当然だ。日本国内だけで完結する事業と、世界を視野に入れた事業ではまったく規模が異なる。

そんな時代で生き残るためには、私たちも世界中を視野に入れることを考えなければならない。世界を視野にいれる場合、当然、言語の壁をクリア出来た方が、何倍もスピード感を持って事業を進めることができる。世界をベースとした事業の展開は、今後、避けては通れない課題となっていくことだろう。

そして、最も大切なのは、自分で考える力だ。

もともと、仕事には求められている結果がある。その結果に対して、自分がいかに達成手段を考えだし、実行できるかどうかが鍵となってくる。確かに、解決の手段を考えだすためのノウハウは存在する。しかし、自分自身で考え、答えを導き出せる力がなければ、どんなフレームワークも武器にならない。

自分自身の地頭の力、考えて答えを導き出す力こそ、もっとも大切な能力だ。これが、ある程度同じ企業で、いつものやり方でやればなんとなく暮らしていけてしまうような状態で何年もいると、思考が停止していまう。そして、本来養うべき自分自身で考えて問題をクリアする力が衰えてしまう。全ての基本として、考える力は絶対に養わなければならない。

インターネットやITに対する知識、スキル。ビジネスやマーケティングのノウハウ。語学によるコミュニケーションや情報収集力。そして、考えて答えを出す力。

この4つのスキルを持っていることが、企業だけではなく社会全体で認められる力、と言ってもいいだろう。そこに、別途専門スキルの1つや2つあれば、さらに強力な人材となる。自分に新しいスキルや知識を入れる努力もせず、ただただ日々の仕事をこなしている先にあるのは、いつだって行き止まりだ。

安定だと思って、平和でちょっと退屈な日々にあぐらをかいていた先にあるのは、いつの間にか取り残され、不必要になっている自分だ。そうならないためにも、常に会社だけではなく、社会を見て、今の社会には何が求められているのかを把握し、吸収していく必要がある。その行動は、おのずと会社での結果にも繋がっていくことだろう。

安定した会社は居心地がいい。同時に、人間を思考停止させる。社会人になって、若干の差はあれど、おおまかに「いつも同じルーティンワークだな」なんて感じはじめていたら危険だ。一刻もはやく「もし会社が消滅したら」を考えはじめた方がいい。むしろ、常に考えていた方がいい。何かあって会社の外で戦う必要が出てきたときに、あわてふためく必要がなくなる。

会社の中だけではない。社会を見よう。自分だけではなく、外の他人をみよう。何一つ今の環境がなくなったとしても、まだ自分自身が必要とされるのかどうかを考えてみよう。もしそこで自信を持ってYESと言えないのであれば、きっと何か、考えるべきなのだ。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最