月額540円で起業の教育と支援を受けられます。

OPENSEED AVERY 新規登録

起業したいけど知識が足りない。何から始めていいかわからない。
そんなあなたに、月額540円で、起業に必要な全てを提供します。

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

成功は価値基準にあり! 起業・複業の成功率を60倍引き上げる方法とは?2017.6.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上山です。

先日、告知をさせて頂いたOPENSEED AVERYをご覧いただけたでしょうか?

AVERYは、起業教育や支援を全ての人が受けられるようにするサービスです。
今は高い費用や、高いハードルを超えなければ手に入らない起業・複業教育や支援。
これらを、誰もが気軽に手に入れられるようになったら、世界は面白くなります。

自分で仕事を作り出す楽しさやワクワクを。
そして、実際に自分で収益を作り出せる人生への余裕を。
誰もが月額540円で手に入れられるようにしていきます。

6月5日から、事前登録がはじまります。
先着50名様に限り、料金が永久無料になりますので、ぜひお早めにご登録ください。

起業に存在する2パターンのあり方が、成功率格差の原因。

さて、今回は少しだけ、どうしてAVERYを作ったかをお話させてください。
自分で事業を考えていらっしゃる方にも、ヒントになると思います。

実は、起業という価値観に対し、人によって圧倒的な格差があるのをご存知でしたか?
ここで、わかりやすく2つのパターンを紹介しましょう。

1つめは「どんなことをやったら稼げるんだろう」パターン。

日本に生きる人々の大半は、こちらのパターンです。
右も左も分からず、教えてもらえる人もいないために、何を信じていいのか分からない。
インターネットで「稼ぐ方法」なんて調べて、逆に搾取されてしまいかねない危うい道。
起業・複業教育も支援も環境もなければ、大半の人が一度、ここに陥ります。
誰かからお金を得ることを重要視し、仕組みを作ろうとします。

2つめは「社会をもっと便利にするために」始めるパターン。

どんな起業・複業が世界で成功率が高いかを知っていて、環境も持っている人。
そして、社会的な地位を獲得し、互いに影響しあいながら大きく稼ぎます。
世界の多様なあり方を見て、社会に対処し、成功します。
中には数億円単位で稼ぐ人も、珍しくありません。
社会をより便利にし、問題を見つけ、解決していくことを考えます。

これが、起業・複業の知識が得られる環境にいるか否かの差です。
僕は、この2つの格差の間で、3年間、双方の世界を観測してきました。
確実に、世の中の起業・複業は、この2種類の概念で存在しています。
両者の間には概念的にも能力的にも、圧倒的な格差があります。

少しここで、収益化の「成功確率」の話をしましょう。

みなさんは、前者と後者、どちらが成功確率が高いと思いますか?
稼ぎを追い求めるパターンと、社会を便利にしようとするパターン。
普通に考えると、前者の方が利益が出て、後者の方が時間がかかりそうですよね。
おまけに後者の方がプレッシャーも失敗した時の反動も強そうなイメージがあります。

さて、みなさんはどういう感想を持ちましたか?

実は、後者の「社会を便利にするパターン」の方が成功率が高いのです。
しかも、圧倒的すぎるくらい圧倒的に、成功率の差があります。

「稼ぎたい派」と「社会を便利に派」の成功率格差はなんと60倍。

2つの概念において、25例ずつ集め、成功率を観測しました。
ここで言う「成功」とは「ある程度収益化がなされた」パターンです。
平均「通常のサラリーマンに比べ、倍程度の稼ぎ」はあると考えてください。
さて、3年間、観測した結果、どれだけの差が現れたでしょうか。

答えは、お金稼ぎパターンが約「0.5%」で、社会貢献パターンが約「30%」です。
単純計算で「60倍」違います。60倍ですよ、60倍。
マインドの差から出るこの差は、一体何を意味しているのでしょうか。
後者は、少なくとも独立して自分で食べていけるくらいには、なっていました。

確かに観測する母数は少なかったかもしれませんが、差は明らかです。
個人的な実験かもしれませんが、それにしても大きな差です。
これだけ違えば、より多くの母数で観察したとしても明らかでしょう。
この格差が、そのまま経済格差にも繋がる気がしてなりません。

社会貢献パターンの30%を見て思い出したデータがあります。
今すぐ行動に移せば、夢や目標を成し遂げる確率は39%というデータです。
案外高いなと思ったことを覚えています。
ただ、この確率というのも、辿る道を間違えなければの話なのかなと。
だいたい社会貢献パターンと同じくらいの確率に収まっていますね。

ちなみに前者の失敗理由は、大半が途中で諦めたり挫折したり。
やってもやっても稼ぎにならなかったり、お金ばかり出ていったり。
結局稼げる方法を探したまま、延々とサラリーマンでした。
それどころか、変な人に捕まって借金を背負っていたり。
妙なトラブルに巻き込まれたり。

一方、後者の失敗理由は単純にニーズがなかったという理解でシンプルです。
再挑戦を繰り返せば、いずれみんな成功するはずです。

つまり、環境も知識も機会もなく困っている人に後者同様の基盤があれば。
全ての起業の成功率は、60倍になってくると言っても過言ではありません。

格差を埋めるために最も必要なのは「価値基準」の育ち方。

僕は、みんながまともに事業を作り、ワクワクできる社会を実現したいのです。
そんな世の中ができたら、もっともっと楽しい世界になるだろうと信じています。

でも、人間はまったくもって平等ではありません。
誰かに与えられるものが、自分にも手に入るとは限りません。

中でも最も大きいのが、価値基準の差です。

生きてきた過程、出会ってきた人たち、受けた教育。
人生も違えば、信じるべき価値基準も不明確になります。

価値基準がずれていたり、育っていなかったりすると、どうなるか。
本当に大事なものに気づかず、むしろ甘い罠が大事に思えたりします。
知っている人が見れば、罠だと一目瞭然なのにも関わらず勘違いします。
良いものと悪いものを見極める基準が育っているかが、大切なのです。

ただ、それは人生の中で「運良く」良いものに出会えるからこそ得られる基準です。
たまたま自分の周りで教えてくれる人がいたり、良い基準を育む環境があったり。
人生の中のたまたまが積み上がることでしか、価値基準は育ちません。

それにも関わらず、起業に関しては、良い基準に触れることさえ、難しいのです。
だから、良い情報が目の前にあっても良いと気づけません。
低品質な情報を、言葉の甘さだけで「良いもの」と誤認して、手を伸ばしてしまいます。
基準がなければ、いくらインターネットにヒントがたくさんあっても気づけません。
それが吸収すべきことだと認識さえできません。

一度もワインを飲んだことの無い人が、ワインの良さを理解できますか?
できるはずもなく、安いワインを高いワインと同質だと勘違いしたりします。

美味しい物を食べていない人が、高い肉と安い肉の差を答えられますか?
どちらも美味しく感じてしまい、大差なく思ってしまうでしょう。

芸能人格付けランキングのようなものです。
GACKTさんが分かっても、他の人にはわかりません。

起業に置き換えると「偽物を本物と履き違えて時間もお金も損をする」ということです。

だからこそ、起業の価値基準を育てるための身近な環境が必要なんです。
しかし、今の社会では、それほど多くはありません。
最低限の基準や環境を手に入れるためには、高いお金を払うか、審査に通るかしかありません。
あとは、色々と動いて、痛みを追いながら、たまたま、まともな環境に転がりこめるか。
最低限の価値基準を育てるための環境すら、手に入りづらいのが今の起業です。

だからこそ、僕たちはAVERYを作りました。

OPENSEED AVERYは「格差」を埋め起業・複業の「成功率を向上」させるために作られた。

あなたにとって、辿るべき起業プランと知識を提供し、環境や機会も提供する。
しかも、月額540円で手に入れることができる、基準を育む環境。
自分がこれから起業していく上で一定の「基準」を気軽に作れるような場所。
そんなサービスが、社会に絶対に必要だと思えてならなかったのです。

これまで、なぜ、このようなサービスが出なかったのかには理由があります。

前者は後者のことを、よく分からないし、自分にはできない、関係ないと思っています。
後者は前者のことを、完全に胡散臭がっていて、軽蔑すべき対象だと思っています。

結局のところ、噛み合わないのです。
接点が生まれもしないから、同じ起業でも繋がらないのです。
だから、2つの領域が一向に交わらず、格差ばかりが広がっていくのです。

正直、僕は運よく後者にたどり着いたので、知識や経験を得るには困りませんでした。
まわりにいてくれる人も、有名大学の首席から、高いレベルを目指す人ばかり。
そんな人たちは皆、社会を面白く便利にするために活動し、全ての能力を使って起業していました。
おかげで最近では、ひと昔前には見なかったような、ワクワクする挑戦が増えてきました。

でも、ある時に、一気にお金を失った時期があったんです。
そこで稼がなきゃならない、という思考になり、気がついたんですね。

2つの間に隔たる、大きな溝を。

僕は、成功率の格差は、埋められると思います。
稼ぎたいと思って失敗し続けている人の成功率を、60%引き上げられると確信しています。

稼ぎたいと思っていた人のマインドが社会貢献に変わるのを、幾度も目にしました。
結果、しっかり実績を作り上げてきた様子も、観察していきました。
それは、決して夢物語でもなんでもなく、可能なことなんです。

起業・複業に対する知識や教育、支援は今、受けようと思っても手が届きづらい所にあります。
先立つものがなかったり、実質、これまで運良く価値観が育ってきた人にしか手に入らなかったり。
おまけに、価値観として良いとわかっていても、審査や製品がすでにある場合のみに限っていたり。
もっと身近に、手軽に触れられる学校であり、支援と機会を提供してくれる場所があるべきです。

本質的な仕事づくりや起業・複業が身近になる必要があります。
より多くの人に、最良の道を選び抜ける価値基準を提供すること。
そして、実際に成功へと歩みを進めてもらうサポートが出来る場となること。
OPENSEED AVERYは、必ずその立ち位置に行き着けると確信しています。

6月5日より、事前登録が始まります。
先着で50名様は、永久無料でAVERYを使い続けることができます。

ぜひ、新しい価値基準や、新時代における起業・複業教育、および支援の誕生を目撃してください。
そして、自らの理想のライフスタイルや仕事のあり方を築き上げていってください。
少しでもみなさんにとってAVERYがお役に立てれば、これほど嬉しいことはありません。

月額540円で、起業を学び、支援を受けられるオンライン・プラットフォーム「AVERYβ版」公開しました!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。お任せください。AVERYでは「起業・複業」の全てが学べます。
AVERYは、あなたにとって最適な起業・複業プランを自動提案。様々な知識を提供するたけでなく、人や機会ともつなぎ合わせます。起業・複業を志す人が使うべきプラットフォームの最適解です。
起業・複業の「学び」と「支援」に、高い費用を払うのは、もう終わりです。一緒に、ワクワクする事業を作り上げていきましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最