» 月360円で副業・起業を習得しよう!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。

月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

起業・複業を教えて欲しい、サポートして欲しいあなたへ。
月額360円!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

【第10回】あの有名サービスの始まりは副業だった! 気軽な副業こそ社会を変える圧倒的事実。2017.5.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上山です。

前回のブログで、マインドの話をしました。
稼ぎたい人のマインドと、社会を進化させたい人のマインド。
自分がどちらかで、ビジネスの仕掛け方が変わる、という話です。

ただ、社会を進化させるプロジェクトは、重い挑戦というイメージがあります。
大抵の人が、会社をやめて起業すること想定するのではないでしょうか。
専業で仕掛けないと絶対に無理だ、そう考えて当然です。
リスクも高いというイメージも持たれます。
だからこそ、よっぽどの想いが無ければ誰も挑戦したがりません。

社会の進化に挑戦するのはリスクがいる、そのイメージは間違いです。

むしろ、社会に大きな進化をもたらしたサービスは、ほぼ副業です。
少し例を紹介すると、Twitter、Instagram、Uber、全部副業スタートです。

例えばInstagramの始まりは、夜と週末に挑戦したサイドプロジェクトです。
最初、地域に根ざしたプログラミングの練習をしながら組んだそうです。
ただ、受け入れられなかったため、方向転換して作ったのがInstagramなのです。

Twitterもそうです。
元々Odeoという会社にジャック・ドーシー(Twitter創業者)がいました。
エンジニアであった彼は、数年考えていたアイディアをサイドプロジェクトとして開始。
その後、どんどん拡散し、現状にいたります。

このように、サイドプロジェクトから世界にインパクトを残す事業が始まっているのです。

社会を進化させるという挑戦も副業から仕掛ければいい。

厳密に言えば、サイドプロジェクトと副業は少し考え方が違います。
副業は収益の獲得をメインとしますが、サイドプロジェクトは自由な創造性の発揮です。
本業では出来ない、より自由な発想からサービスを生み出す試みの1つと言えます。

ただ、副業との共通点は、本業を持ちながらも自由に事業を作れるということです。
わざわざ大きなリスクを負わなくても、自分で技術を勉強し、事業を始めているのです。
そういう意味で、ここでは副業という言葉を使うことにします。

前回のブログでお話した「社会を進化させたい」というマインド。
これもまた、副業で挑戦すればいいのです。
何も、わざわざ会社をやめて、大きなリスクを背負ってスタートする必要はありません。
自分で商品やサービスを作る術を学び、気軽に開始してみれば良いのです。

僕は、単純に稼ぐことよりも、大きな挑戦の方がワクワクするタイプです。
挑戦することが大きければ大きいほど、血が騒ぎます。

世界を変えるとか社会を変えようぜ、なんてもう楽しすぎて夜も寝られなくなります。
そんな、人生を刺激的にする挑戦が、副業から始められるんです。

本当にワクワクすることが作りだせる、良い時代になったなと思います。

日本に住んでいると、事業をするなら本業としてしっかりやろう、というイメージがあります。
ただ、それは全くの時代遅れな思考に他なりません。
最初は気楽に、気軽に、さくっとやってみればいいのです。

さくっと副業で、気軽に、社会を変えるような挑戦を始めて良い。

どんなに大きな事業を狙おうが、サイドプロジェクトや副業から気軽に始めてみましょう。
InstagramもTwitterも、サイドプロジェクトからです。
スタートアップで世界一の時価総額を持つUberも、そうです。
Uberでさえ、サイドプロジェクトから始まったわけですからね。

サイドプロジェクトの可能性を信じたGoogleは、社内に20%ルールを導入していました。
仕事時間の20%は、自分のサイドプロジェクトに使っていいというルールです。
結果生まれたのは、よく知られるGmailやAdWordsがありますね。
今や世界のインフラとも言えるサービスでさえ、サイドプロジェクトからのスタートです。

後にGoogleは20%ルールをほぼ破棄しましたが、これは前向きな破棄です。
新しいサービスを生み出すよりも、今のサービスを充実させる方針としたからです。
新しいサービスを生み出すという試みとしては、上手くいっていたわけですね。

もっと気軽に、サービスや事業は気軽に立ち上げるべきなのです。
副業で、ちょっと作ってみました、くらいからスタートすれば良いのです。
ところが、何か始めようとすると、すぐに「しっかり基盤を作ってやれ」という風潮があります。
それが、副業やサイドプロジェクトの地位を貶めているわけです。

先日とあるベンチャーキャピタルの方にインタビューをしました。
その時にも「もっと気軽にやってしまえばいい」という話を聞きました。

「社会を進化させたい」というマインドを持つ人も、ぜひ副業から挑戦してみてください。
気軽に立ち上げたプロジェクトが社会を大きく変えることは、一般的なのです。
ぜひ、気軽に社会を変える挑戦を始めてみてください。
生きている上で、ここまでワクワクする体験を得られる機会なんて、そうはありません。
挑戦は、何よりも充実感をくれる最高の遊びなんです。

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。
月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最