世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

「新卒で正社員」を焦る人へ。望む「生き方」があるなら焦るのやめましょう。2017.2.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒で就職しなければ「マズイ」と思っているけど、実際どうなんでしょうか?
理想どおりではないけど、新卒で入社したいので、第2希望の業界へ行こうと思っていますがどうでしょう。

最近、本当に多く頂くんです、この質問。

まず、新卒がどうとか既卒がどうということをお話する前に、1つ考えて欲しいことがあります。
それは、今後の人生において「どのような生き方をしていきたいか」ということです。

別にやりたいことがなくたっていいです。
目標が見つかってなくたっていいです。
夢がなくたって問題ありません。

そんなの、すぐに見つかる人の方が少ないのですから。

考えるべきは具体的な目標ではありません。
自分がどんな「生き方」をしたいのかを基準に考えればいいのです。
目標ではなく実現したいワークスタイルでありライフスタイルです。

例えば「自由に世界を行き来しながら生きたい」という生き方がしたいとしましょう。
であれば「世界のどこに行っても出来る仕事」を最初から目指せばいいわけです。

「好きな仕事をして生きていきたい」という生き方を目指すとしましょう。
であれば「好きなことを収益化できるスキル」を身に付ければいいわけです。

「家で子育てしながらでも仕事できたらいいな」だとしましょう。
であれば「家で子育てしながらでも出来るスキル」を身に付ければいいのです。

あなたは、自分のしたい生き方を、最終的に「妥協」できますか?
それとも「いつかは絶対にそうしたい」と考えていますか?

後者であれば、新卒にこだわることをやめるべきです。

どんな生き方がしたいか理解した時点で、もう自分の道は決まります。
望む生き方を実現できるスキルが何なのか、探せばいいのです。

「世界のどこに行っても出来る仕事」ってなんでしょう?
「好きなことを収益化できるスキル」ってなんでしょうか?
「家で子育てしながらでも出来るスキル」ってなんでしょうか?

探せばすぐに、いくつもの可能性にいきあたるでしょう。
何も迷う必要なんて、どこにもありません。

実績を作るために新卒で入社した方がいいという意味であれば、確かに新卒は有利です。
早く実績がつくれますし。
社会で最も説得力のある言葉は経験と実績です。
口で「できる」と言ったところで実績や経験がなければ認められません。

勉強だけでは意味がなく、そこに実績があって、はじめて評価されます。

ただ、ここで考えるべきは「自分の望む業界以外でも新卒がいいか」という話。
先に答えを出しますが、答えは「NO」です。

少し、考えてみてください。
いつかは実現しようとする「生き方」があるとした場合。
そして、あなたが「生き方」を妥協できない人の場合。

どうせ、いつかのタイミングで「そうしたい」と思って会社を辞めることになるでしょう。
「そうしたい」と思ったとき、またゼロから希望の業界でやりなおしますか?

嫌ですよね、そんなのは。

最も早く、人生を有利に進めるためには何が必要でしょうか。
新卒を決めた人でしょうか。 違います。

実は「同じ業界でどれだけ戦い続けているか」なのです。

ITであればIT、建築であれば建築、起業であれば起業。
時間を投資した分だけ結果がでる、というのは有名な話です。
どんな分野においても、圧倒的な時間を費やせば、プロフェッショナルになります。

ここで大切なのは「同じ企業」に務めなければいけないということではありません。
大事なのは「同じ業界」で戦い続けられるかどうかです。

あなたの知っている「すごい人」を思い浮かべてみてください。
大抵が、仕事や会社は変わっていても「同じ業界」で戦い続けています。

クリエイターならクリエイター。
マーケターならマーケター。
起業家なら起業家。

それぞれ自分の業界を持っていて、ずっとそこで戦い続けているのです。

唯一、起業家だけがたくさんの業界を跨いでいるように見えますね。
ただ、起業家は「ビジネスを作りだす」ということを挑戦し続けているのです。

さて、将来的に自分の理想とする生き方を叶えるために、どうすればいいでしょう。
焦ってまったく別の業界に行ってしまった場合、どうなるでしょうか。

大抵、最終的に自分が行き着く業界以外のところで、時間を数年使うことになります。
仕事で忙しくなり、自分の欲求と向き合うことさえ忘れてしまいます。
そして、そこから抜け出すことは、覚悟が必要です。

正社員しながら自分のやりたいことと真剣に向き合って、答えが出るのであればいいですが。
到底、そんな余裕がでるまでには、時間がかかります。
いつもそうです。

時間を使っているうちに、歳をとり、いつの間にか後戻りできなくなっています。

そして、落ち着いたころに思うわけです。
「自分の本当にやりたいこと」ってなんだろうと。
その後、業界を変えてまたゼロからやりなおし。

よく聞く話ですね。

本当に勝つ人は新卒ではなく、自分の欲する生き方を的確に捉えること。
そして、自分の地図を早々に描いて、徹底的に時間を投資できた人です。

新卒か既卒かなんて関係ありません。
どちらでもいいので、自分で地図を描きやすい道を、早く選択し、抜けないことです。

最終的に自分が望む業界への投資時間を増やしましょう。
アルバイトでもなんでもいいから業界に潜り込めばいいのです。
無理に、まったく別の望まない業界に新卒で入るよりマシです。
ちょっと関連がある業界、とかでもダメです。

本命を目指しましょう。

アルバイトでもいいから目的の業界をしっかり定め、もぐりこみましょう。
そして自分が経験すべき仕事に対して、形はともかく徹底的に打ち込みましょう。
積極的に仕事を任されましょう。
正社員である必要はどこにもありません。
徹底的に時間を投資しましょう。

すると3年後には立派に望んだ業界でプロフェッショナルになっています。

実績も経験も手に入れ、もはや新卒や既卒なんて言葉は忘れています。
その頃、新卒で「とりあえず3年」と言っていた人が転職をはじめます。
もしかすると「5年」かもしれません。

するとどうなるか。

社会経験はあるけど、全くの素人状態の同年代が、部下として入ってきます。
新卒を逃したはずの自分が、新卒を獲得したはずの同年代の部下を持つのです。

さて、新卒って何の意味があったんでしょうか?
新卒の時に選択を妥協した分、出遅れただけです。

とりあえず3年たっても同じ会社に残っているのだとすれば。
本当にやりたいことをベストな道で見つけられているか、または妥協です。
仕事そのものに興味がない、そこで頑張るつもりがない、ということもあるでしょう。

改めて断言しますが、大事なのは目標や夢ではありません。
ましてや新卒でも既卒でもありません。

自分のしたい「生き方」と向き合い、どう実現していくかを考えることです。
大事なのは生き方です。具体的に何がしたいかではありません。

答えが見つかったら、望む生き方を実現する業界を探しましょう。
そして、徹底的にバイトでもいいので業界に潜り込んでください。
辛くても、諦めずに居座り続けてください。
すると、いつの間にか若くして「出来る人」になっています。
雰囲気や世間体に流されてもいいことはありません。

ただ、もし自分の望む「生き方」が見つからない場合。
社会人経験をなるべく早く積んで、色々な経験をしてみるのもありだと思います。

ふと想うこと。

日本社会が自分のビジョンを育てるような教育が足りないのかもしれません。
学生の時にビジョンが決まっていれば、その前から地図は始まっているのですから。

決まっているのであれば、新卒で望む業界に入り込んだ方がいいです。もちろん。
地図が描けていないのに、とりあえず就職、が落とし穴なんです。

個人のビジョンが育っていればミスマッチも減らせると思うんですけどね

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最