世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

呼吸をするように「仕事」を作る? 何よりも自由な「理想の働き方」見つけました。2017.3.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼らから学んだのは、今までの「仕事」という概念を一気に覆す、仕事のあり方でした。

アメリカ留学で出会った、起業家の集団。
アントレプレナーという言葉に「なんだそれ?」と首を傾げていた時のこと。

僕は、彼らと共に、とあるファミリーレストランに立ち寄りました。
まったく何も変哲のない、いつもの昼食です。

誰からともなく、それは始まったのです。

「こんなことをしたら、どうだろうか」
「あんなことを仕掛けたら、面白くなるんじゃないだろうか」

唐突にはじまった、事業アイディアのキャッチボール。
自然な流れで、いつ始まったのかも分からないまま、提案が行き交いはじめました。

どこにでもあるファミリーレストランのテーブル。
テーブルの上にあった、手を拭く用の紙をメモ帳がわりに、話し合いは進んでいきました。
誰かが何を否定することもなく、かと言って冷静さを失うわけでもなく、重なっていく議論。

何よりも印象的だったのが、彼らのワクワク感に溢れた表情でした。
これから始まる新しい物語を、一刻も早く見ずにはいられない、そんな顔です。

話し合いは、3時間も続きました。
楽し過ぎて、迂闊にも僕は、次のクラスに行きそびれてしまったのでした。

さらに、次の日。

「作ってみたよ!」とエンジニアが嬉々として商品の試作品を持ってきました。

そんなに早く試作品って作れるものなのかと驚きました。
今思うと、彼は天才エンジニアだったのかもしれません。

僕らは試作品を見て、ワクワクしながら、またアイディアを出し、記録に落としていきます。
誰一人として「退屈だ」なんて考えながら話し合いに参加している人はいませんでした。

彼らとの出会いが、僕にとって、初めての「起業」を体験した瞬間だったのでしょう。
僕の中にある仕事の概念は、あのファミリーレストランから始まったのです。

留学を終え、日本に帰ってから、全ては動き始めました。

アメリカ留学を終えて日本に戻った1年後、彼らから1通のメールが届きました。
それは、見ている僕まで笑顔になるような内容だったんです。

「あの時、話をしたサービスが、ある企業に売れたんだ! ニューヨークに引っ越すから遊びにおいでよ!」

聞けば、かなりの額で当時のサービスを売却したらしいのです。
ところが、そんな達成に甘んじることなく、また新しい挑戦をするとのことでした。

彼等の話を耳にして、僕の中で「こうあるべきだよなぁ」と仕事への認識が定着したのがわかりました。
挑戦して仕事を作るということは、彼らにとっては「呼吸」と同レベルなんだろうな。
そんな感覚を手に入れたのも、その時です。

一方で、僕も当時、イベントのオーガナイザーとして活動していました。
日本で2番目に大きなクラブでイベントを開いたり、クリエイターを1,000人集めてイベントをしたり。
それでも彼等の成功の前には、まだまだ自分もやれると奮い立たされました。
なんだか、勇気をもらったみたいで、いても立ってもいられなくなったことを覚えています。

数日後、友人からの誘いもあり、アメリカのハリウッドでイベントを開くことにしました。

決まったら行動は即座に始まりました。

当時持っていた貯金を全て使い果たして準備し、アメリカ行きのチケットを購入したんです。
お金がなくなり過ぎて、帰り道の電車賃すらなかったので、友人に貸してもらったほどでした。

準備期間は3ヶ月。
アメリカの友人と連動しながら、最速でイベントを作り上げていきました。

結果、異国の地にも関わらず200人以上の集客を実現したのです。
全てが大成功とは行きませんでしたが、上出来なイベントでした。

その後、25歳で独立。

様々な事業に挑戦しながら、1年目、1,000万を越える収益を叩き出しました。
2年目、3年目、マーケティングやコンサルティング、イベント、シェアオフィス運営も展開。
1,000万〜2,000万円の収益は常に連続して出せるようになり、仕掛けることにも慣れてきました。
徐々に自由が手に入って来た実感もありました。

ただ、その間、ずっと頭にあったのは、彼らと話をしたファミリーレストランの光景です。

確かに当時、独立したばかりにしては、楽しく仕事ができていたのかもしれません。
でも、業務委託の仕事も多く「こんなことやってみよう!」と言うような余裕はありませんでした。

誰かのプロジェクトや挑戦の手伝いをする形は、少し違うな、という感覚があったのです。
僕たちが求めていたのは「こんな挑戦しよう!」と、自ら新しい仕事を生み出していくワクワク感です。

彼らは、まるで遊ぶように仕事をつくり、呼吸をするように挑戦を続けていました。

遊ぶように、というのは少し語弊があるかもしれません。
自分自身で仕事を作るようになった今、辛いこともたくさんあるのは知っています。

でも、思い切り自分のしたいことを実現する辛さは「楽しくてワクワクする」のです。

ワクワク感から産み落とされたアイディアや挑戦が仕事になり、そしてお金になっていく。
こんなに素晴らしい仕事が他にあるでしょうか。

記憶が背を押してくれるように、2014年、覚悟を決めました。
全ての事業を人にお任せし、フィリピンでクリエイター育成の学校を立ち上げたのです。

全ての財産を失ってしまうかもしれない、大きな勝負です。
自分の人生を理想の道に乗せるには、それくらいしないとダメだと覚悟したのです。

このとき、初めてファミリーレストランで見た「仕事づくり」に、追いつけた気がしたんです。
役8年遅れのでの到着。時間かかったなぁと思いました。

アイディアを出すのも、実現していくのも、ひたすら楽しくて、仕方がありませんでした。
辛いことも全部まとめてワクワクしていました。
「自分でやりたい仕事を作り出すこと以上に、楽しい仕事なんか無いな」と心の底から実感出来ました。

結果、2015年、フィリピンで立ち上げた事業を売却して、僕自身も日本に帰国しました。
自分で仕事を成し遂げてみると「呼吸するように仕事を作れる理由」も分かった気がしました。

仕事を自分で作り出せることは、ものすごく、楽しい。

仕事を作ることって、ものすごく楽しいことなんです。
自分がやりたいことや、あったらいいなと思うことを、形にすればいいんです。

ファミリーレストランでも、いい感じのカフェでも、家でも、どこでもいいんです。
場所も時間も選ばず、自由に、自分がやりたいことを実現させたら、それが仕事になるんです。

何も、特別なことではありません。
ただ、いつも仕事で使う頭の使い道を、ちょっと変えるだけでいいんです。

副業だってそうです。

世の中には内職やら数百円のライティングやら、安いお金でたくさんの時間を使ってしまう仕事があります。
どれだけやっても、ただ時間が過ぎてしまい、お金もやりがいも、手に出来ないことがほとんどです。

一方で、同じ時間を使って、ワクワクする仕事を作る方法は、いくらでもあります。
同じ時間、やりたい仕事を作り出すことに労力を使えば、もう誰もが自分で仕事を持てているはずです。

でも、そうは言っても「何をどうすればいいか分からない」と、お話される方が大半かもしれません。
一体、どこから動き出せばいいのかも分からないし、不安だとおっしゃる方も多いでしょう。

実際、僕自身もそうでした。

だからこそ、今まで仕事を作り続けてきました。
分からないからこそ、理解したくて、もがき続けたのです。

呼吸するように、ワクワクしながら仕事を作り出すには、どうすればいいのか。
徹底的に研究し、試してきました。
10年の間、学んだことや体験したことは、全て、ノートやテキストファイルに記録していきました。

何をすれば売れたか、どうすれば事業を作れたか、何が最速で収益化するに至ったか。
今も10年間の挑戦や体験で得た記録は「仕事づくりの教科書」として、手元に残っています。

思えば、留学から帰国してからの10年間は、どうやって「仕事を作るか」に挑戦してきた気がします。

そして、僕は今、起業家育成のお仕事をさせて頂いています。
どうやって事業を作るのか、収益化までどうやってたどり着くのか。
ゼロの段階から始めた人たちを、イチまで後押しするお手伝いをさせて頂いています。

今、みなさんは、ワクワクして仕事が出来ていますか?
日々、明日何をしようかと、面白いことを想像しながら、ベットに入れていますか?

金銭的にも苦労していませんか?
何かもう少し頑張って、自分の人生をアップデートしたいと考えていませんか?

僕の場合、結果的に、世界中を行き来しながら、毎日ワクワクして過ごせるようになりました。
これから何を仕掛けようかと、毎日が高揚感を伴う挑戦の連続です。

だからこそ、僕は、もっとたくさんの人が同じ気持ちで生きて欲しいと思うのです。

みんながワクワクして仕事を作れるようになったら、きっと世界は変わります。
瞬く間に面白い挑戦や体験が日本中に溢れて、大きな仕事になっていきます。
個人がみんな、ワクワクして仕事をすることが、社会の発展に繋がるなんて、素敵じゃないでしょうか。

今でこそ、日本は世界に遅れを取っている、みたいに言われています。
でも、一人ひとりが呼吸するように、遊ぶように挑戦できるようになれば。
高揚感を持って仕事を作れるようになれば、社会はもっと楽しくなるはずです。

ストレスばかりの毎日では、もったいないです。
将来の不安におびえて、やりたいこともやれないのは、辛いです。

いつでもどこでも、自分自身で仕事を作り出せるようになれば、全ての問題は解決します。

思い立った時に「あんなことがしたい」という想いを事業に変えて、収益化すること。
そんなスキルを持つことができれば、何倍も自由に、ワクワクする世界が開けることでしょう。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最