» 月360円で副業・起業を習得しよう!

月360円で副業・起業の「教育とサポート」を受けよう

ALTEA新規登録はこちらから!

起業・複業したいと考えているあなたへ!
月額360円の副業&起業教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

海と海鮮に囲まれてお仕事! 自由に働く合宿 Airbnb in 江ノ島2015.10.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-10-12-12.25.49-1

リモートワークを率先して実行し、新しい働きかたを試していこうぜ! ということで、企画第一弾。「海と海鮮に囲まれてお仕事! 自由に働く合宿 Airbnb in 江ノ島!」ということで、行ってきました、江ノ島。わざわざ3連休に仕事しに江ノ島まで行こう!というもの好きの皆さま、よくぞお集まりくださいました。

今回はキャンピングカーを使って、あっちこっち行きながら仕事をする実験、、、だったのですが、色々な理由により、江ノ島 Airbnbに変更。

あくまで今回は「仕事と旅を両立する」ということで、旅の中に仕事や勉強を織り交ぜた内容です。あくまでも仕事がし易いことが条件。根本にあるのは、良い環境に身をおいて、現地の特色をめいいっぱい味わい生活に充実感を得ながら、仕事をする。そして勉強をすることです。旅という刺激と仕事をいかに両立させるかということです。

今後の世の中を考えると、リモートで働くことが仕事の基本的なスタイルの1つになることは、ほぼ決定事項と言っても過言ではないでしょう。

仕事のリモート化に伴い、自分自身が行きたい場所、滞在したい場所に身をおいて仕事をする、現地の特色をめいいっぱい味わいながら働き、飽きたら次の場所に移動して滞在、新しい環境を堪能する、という働き方は、特に20代において容易い選択肢の1つになっていくのではないでしょうか。

たとえばAirbnbには、1ヶ月40,000円台で借りられる部屋がいくつもあります。1ヶ月目は鎌倉の部屋に住み、2ヶ月目は京都の部屋に住む、というように各地を転々と渡り歩きながら生活をすることも現時点で実現可能なわけです。

リモートワークの概念がどんどん身近になり、社会に浸透していけば、家を借りずにAirbnbだけを渡り歩いて生活する人も少なからず生まれてくるでしょう。敷金礼金も無く、手軽に借りられる家。そこに、リモートワークの未来を感じずにはいられません。

今流行の地方移住がどうというより「定住しない生活」が、今後増えてくる可能性は、その期間の長い短いに関わらず、ありえるでしょう。

そんな未来において、今回の江ノ島は、非常に良い実験になったと思います。

今回、私たちは、江ノ島内にある一軒家を4名で借りました。なんと一人1泊5000円程度です。それで3階建ての快適な一軒家を借りることができるのです。しかも江ノ島内。さらに自転車も3台、借りることができました。もちろん値段の中に込みです。

というわけで。

やっぱり江ノ島といえば、食。海産物。これらを堪能せずに、江ノ島は語れません。

到着した後、まず食べたのはうなむすび。うなぎのおにぎりです。さっそく江ノ島の食を堪能しながら職場兼家に向かいます。朝からうなぎのおにぎり食べながら、散歩なんて、なんて贅沢なんでしょう。

2015-10-03-13.15.17

なかなか美味しいんですよ、これが。

2015-10-03-13.29.30_2

うなむすびを頬張りながら、歩いて数分で家につきました。鍵を受け取り、家に行くと、想像以上の快適さにびっくり。 3階建。 想像以上に綺麗。 はっきり言って、Airbnb侮っていました。その辺のビジネスホテルに泊まる価格で、こんなに良い家に泊まれるなんて。

2015-10-10-17.22.05

ちなみに今回宿泊させて頂いたのはこちらのお部屋。

https://www.airbnb.jp/rooms/8357816

家については、直接URLのページを見て頂ければと思います。写真からも雰囲気は伝わってくるのですが、直接足を運ぶと、より広く、オシャレに感じました。

さっそく家の中に入ってMacを広げる3名。今回は仕事と勉強ということで、さっそく到着して作業を開始です。いつもと違う環境、オシャレな雰囲気、そして江ノ島の陽気さもあって、リラックスして作業に入っています。

ちなみに家にはベットルームは3つ、トイレは2つありました。バスルームは1つ。豪邸です。しかも江ノ島。同じ値段の宿にとまったものなら、ギューギュー詰めの狭い部屋の中でしょんぼりと作業していたことでしょうね。

作業だけずっとしていたら「旅の要素ゼロじゃん」ということで、しばらくしてからお昼ご飯を食べに外にでました。江ノ島なので、もちろんチョイスは海産物です。こうやって、地元の美味しい料理にありつけるのも、リモートワークの醍醐味でしょう。

ちなみにお昼ごはんに食べたのはこれ。

2015-10-03-14.40.51_2

江ノ島といったらやっぱり生しらす!

2015-10-03-14.45.03_2

そして、はまぐり!!

めちゃくちゃはまぐり美味しいです。特に、ビールと一緒に食べると最高です。至福です。昼間からビール飲んでも仕事が出来る気持ちの切り替えが大事です。

普段の平日であればアルコールは仕事中に入れませんが、今回は3連休中ということでオーダー。仕事との両立もあるので、すぐに酔っ払ってしまう方にはオススメしません。

生しらす丼は、カニの味噌汁?に変更できると聞き変更。昼間からカニ、生しらす、はまぐり。ビール。最高ですね。

2015-10-10-12.41.56

昼間からこんな贅沢な美味しいランチ。あまりの美味しさにがっついてます。

場所を選ばず仕事が出来るということは、つまり、本場の味を堪能出来るところで仕事が出来る、という計り知れない旨味があります。いつもの職場周辺では決して味わうことの出来ない贅沢がありますね。

一通り海産物を堪能した後は、フレンチトーストを食べに行きました。江ノ島にはロンカフェっていう、めちゃくちゃ美味しいフレンチトーストのお店があります。もし興味があれば、ぜひ行ってみてくださいね。

2015-10-03-16.46.34-1

ここのフレンチトーストは、私史上3本の指に入るくらい美味しいスイーツと思ってます。フレンチトースト最高に美味いな! と思わせてくれたのは、このお店でした。

食べ終わった後は神社でおみくじ。ちなみに江ノ島神社は商売に関してゆかりがあるようで、数多くの社長や経営者のみなさんが、訪れるようですね。

2015-10-11-14.30.16-2_2

充実。

一通り食べて散歩した後は、家に戻って作業再開です。江ノ島の海産物を堪能し、そのまま家で仕事。こんなに美味くて楽しい昼休みを毎回過ごせるわけです。いつもの職場をリモートワークで江ノ島に変更するだけで、ランチタイムも計り知れないほど充実しますね。

ちなみに今回、せっかく仕事や勉強という場を設けているので、ブレストの時間を設けました。それぞれが1つずつ、ブレストしたい議題を持ち込んで、みんなで話あう、という内容です。今回のブレストは、それぞれ自分が持っているプロジェクトを議題にあげ、どうすればそれらを成功させられるかを話合いました。

それぞれが自分のフィールドを持っているだけに、色々な角度からのアイディアが出ましたね〜。徐々に、自分自身の持っているプロジェクトの内容が、意見によって突き詰められ、重みをましていきます。こういう試みから次のビジネスがどんどん誕生していったらいいなと思うのです。今後、そういう場を目指していこうと考えてます。

やがて、夜も更けてくると、みんな自由な体制で作業しはじめています。笑

2015-10-11-00.59.31

次第に寝落ち。

2015-10-11 00.59.17

案外、皆さん、いっぱい仕事もってきてたんですね。

そういえば、夕方には江ノ島のスパに行ってきました。歩いて3分のところにスパがあるのですから、行かないわけはありません。疲れたらスパに行き、夕飯も海産物を食べ、そして仕事する。

いつもと同じ仕事にも関わらず、場所を変えれば充実した体験もついてくるわけです。最近では、仕事とプライベートの境目を作らない、というライフスタイルもだいぶ理解されるようになってきました。今後も仕事とプライベートという括りは徐々に消え去っていくものだと思いますが、今回の空間は未来のワークスタイルの一端を見ていた気がします。

プライベートとしての充実感も忘れず、仕事の楽しさも忘れず。そんな生活は、実際に職場を離れるからこそ成し遂げられる生活です。仕事の中に生活の楽しみを差し込むからこそ、仕事に打ち込むことが出来、仕事に打ち込むからこそ、より普段の生活で触れる一面が楽しくなる。そんな感覚を味わうことができました。

2015-10-11-14.06.29_2

ただ、そんなリモートワークにも、問題はあります。

それは「遊びに集中してしまって仕事が手に付かない状況」も、慣れてなければ、ありうる、ということですね。今回のメンバーはしっかりと切り替えの出来る方に集まって頂けたので、実際の遊びや観光も、がっつり取り組む仕事も、どちらも充実した時間にすることが出来ました。ところが、状況や環境の変化に慣れないと、いざ仕事をしようとしても、でかけてしまう、なんてケースが起こると思います。

実際に似たケースは留学で起こったりします。勉強をするつもりで行ったのに、周りの雰囲気に流されて遊んでしまう。プライベートと仕事を分ける必要はないですが、仕事をする時の集中力は必要です。やるときはやるというメリハリがリモートワークの質をあげます。

普段、色々な地に住んで、地元の食べ物や環境を楽しむ。楽しむことによってたくさんの刺激を受ける。その刺激が発想力を豊かにし、仕事にも還元できる。だからこそ、旅を兼ね備えたリモートワークそのものに一箇所に留まらない価値が生まれるのだと思います。それで仕事がちゃんとできていないのであれば、オフィスに戻った方がいいです。大事なのは切り替えとメリハリ、そして自己管理。リモートワークで大事なのは自分への厳しさです。

2015-10-12-12.25.49-1

自分への厳しささえ持っていれば、こんなところで仕事をしようがお構いなしです。上記の写真は素材として撮ったものなので、画面に何も写ってないんですけど。笑

ともかく、自分がベストなパフォーマンスを発揮できる全ての場所を、オフィスにしてしまうことが可能な時代なんですよね今は。

実際に、上記の写真を撮影している時にも仕事のブレストもするわけですし、狭っ苦しい会議室でブレストをするより、開放された気持ちで話をすることが出来たのは事実でした。柔軟なアイディアとは、案外こういうところから生まれてくるのかもしれません。

リモートワークを実感し、率先してその有効性を試していく上で、今回の3連休は非常に充実したものとなりました。どう考えても、今回のように江ノ島なら江ノ島、鎌倉なら鎌倉にAirbnbで民泊して、各地を見て回りながらなおかつ仕事も成し遂げられるようなワークスタイルの方が、人生楽しめるなぁと思います。今後、このようなトライも増えていくんでしょうね。今回の旅と仕事をテーマにした合宿で分かった点をまとめると、

・現地の特色を堪能出来、多くの刺激を受けることができる。
・平日でもアフター5で観光にいける。
・生活そのものを充実させることで、仕事に対するモチベーションもキープできる。
・なにより、生活そのものが充実し、マンネリ化しない。
・たくさんの経験を吸収することで想像力が養われる。
・全国または全世界に友人ができる。
・仕事と楽しむことのメリハリをつける強い心が必要。

などなど、特に日常生活を充実させて仕事へのモチベーションをキープする、という点において、たくさんの実感を得ることができました。他にも、もっと深く一箇所に住み込めば数多くのメリット・デメリットを感じることが出来るのでしょうけれども。

今回のメンバーは、経営コンサルタント、映像クリエイター、ディレクター、ファウンダーの4人でした。また企画しますので、その際はみなさんも、ぜひ参加してみてください。きっと、何か新しい仕事のスタイルが見つかってくるかもしれません。

月額360円で副業・起業の「教育とサポート」を受けよう!
オンライン副業&起業教育・支援サービスALTEAスタート!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!あなただけの起業学習・支援プラットフォーム誕生。
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最