世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

まずは商品の差別化を! 圧倒的な「強み」を見つける3つの方法。2015.6.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティングを駆使すれば売上があがるのは事実である。
しかし、もっと大切なものがある。

いかに「商品やサービスが優れている」かだ。
端的に言うと「圧倒的な差別化」である。

競合の商品と差別化されていない戦いは辛い。
競合の商品へユーザーが流れてしまうのは当然だ。

競合が少ない市場だったとしても同じだ。
ユーザーにとって他社と違いが分からない商品では売れない。
いくら魅力的に見せたとしても長続きはしない。

マーケティングで魅力的に見せても無意味だ。
差別化出来ていなければ、最終的に顧客は他社と分散する。
最悪、価格競争に持ち込まれてしまう。

他社と同レベルでもダメだ。

お互い同程度のマーケティングを仕掛けているのであれば。
単に価格競争や広告費に勝敗を持っていかれてしまう。

何が他と比べて差別化されているのか。
圧倒的にこれだ!という差別化を見つけ出す必要がある。
でなければ、永続的に売り続けることは難しい。

圧倒的にここが差別化されていると言えないなら辛い。
圧倒的な差別化を見つけ出さなければならない。

だが、既に飽和状態の業界で勝負をかける場合もある。
なかなか差別化なんて見つけ出せないものだ。

昔ながらの商品であったり、布団であったり、鞄であったり、食品であったり。
それらは、一見、微々たる差別化しか見いだせないように見える。

だが、差別化はどんな状況でも出来ないことは無い。

今回は、圧倒的な差別化を作り出すための方法についてまとめてみた。

1. なぜその商品を販売しているのか、ビジョンで差別化する。

最初から「ん?」と思った方もいたかもしれない。
一見、商品の差別化とは別の視点だからだ。

それでもビジョンは商品の差別化にとって、圧倒的に大切だ。

有名な理論で言えば、ゴールデンサークル理論というものがある。
サイモン・シネックという人物が生み出したものだ。
WHYからHOWへ。HOWからWHATの流れでビジネスを始めていく考え方だ。

通常、人がビジネスを始める時「何 ( WHAT ) 」をするか、から考えがちだ。
だが「何」から入ったところで、人々には響きづらい。

大切なのは「なぜ ( WHY ) 」それをやるかということだ。

例えばAppleは世界を変えるために、コンピューターを作っている。
世界を変えるというビジョンがもたらした結果が、コンピューターだった。

だからこそ、ビジネスに壮大な物語が生まれ、その物語に人は反応した。
ビジョンに惹かれて、買いたいと思うのである。

例えば、Appleがコンピューターを作る時、普通だったらどうだろう。
単純に性能のいいコンピューターを作る企業なのだとしたら。
もしも「なぜ」をないがしろにしていたら。

今のようなイノベーションは起きていなかっただろう。
人々が、Appleを魅力的な存在として認識することはなかったからだ。

「なぜ」それをするのか。
「世界を変える」ため。

だからコンピューターも作れば電話も作り、音楽もやる。
それらは世界を変えるために必要なことだった。
だから一見バラバラに見える商品やサービスも受け入れられたのだ。

「なぜ」それをやるかには、大きな力が眠っている。

果たしてAppleには競合がいなかったのか。
そうではない。
果たして携帯電話を作った企業が他になかったか。
そうではない。

既に数多くの商品やサービスがひしめき合っていた。
そんな市場の中でも「世界を変える」という「なぜ」が活きたのだ。
「なぜ」が人々の心を掴み、Appleのファンとして今の礎を築いたのだ。
人の心を掴み取ることが、そのまま商品の差別化となったのだ。

結果、今の世界をつくりあげたのである。

さて、あなたの商品に落とし込んで見ると、どうだろう。
布団だろうが、財布だろうが、商品はなんでも構わない。
そこに「なぜ」売るのかというビジョンはあるだろうか。
なかったのであれば、打ち立ててみるといい。

儲かるから、では駄目だ。
大切なのは、売る理由があるのかどうかだ。

例えば、布団を売るのであればどうか。
本当の「布団の良さ」を徹底的に普及したい。
それでもよいだろう。
生まれてくる作戦やアイディアは、数多く存在するはずだ。

自分は世の中に対してどういう影響を与えたいのか。
「なぜ」それをするのか、じっくり考えてみるといい。

結果的に「儲かるから」より上手くいく。
ビジョンを語ることは、商品を差別化する方法の1つだ。

2. 商品に手を入れる余地がなければ、サービスで差別化する。

商品自体を開発できる状況にない場合、どうすべきだろうか。
たとえば、代理店や部門が完全に分かれる場合がこれにあたる。
「商品の差別化」と言われたところで、どうして良いものかと迷うだろう。

その場合は、商品以外で差別化できる箇所を探すべきだ。

例えばサービスを極めるのはどうだろうか。
商品の使い方やサポートを徹底する。
スムーズに購入出来る。
購入の際にポイントをつける。

商品に手を入れることがなくても、差別化は出来る。
購入する際、または購入後のサービスを徹底的に考えてみよう。
ユーザーに選んでもらう差別化が見つかるはずだ。

マーケティングだけに頼っても、本質的な解決になっていない。
他社が似たような商品やサービスを持っていた場合は辛い。
より魅力的な何かを打ち出した時、瞬く間にユーザーをとられてしまう。

本質的に差別化された商品でなければ、厳しい戦いを強いられる。

世界で最も成功しているスタートアップ養成所がある。
Yコンビネーターというベンチャーキャピタルだ。
シリコンバレーに存在する。

ここでは3つ、ルールがある。

商品を作りこむこと。
ユーザーの声を聞くこと。
あとは適度な運動と食事、睡眠。

それ以外は何もするな、と言って起業家が育てられる。
とにかく商品やサービスの質が第一と伝えられているのだ。
まずマーケティングより、商品の魅力が最低条件なのだ。

結果、世界でも有名なサービスや商品を数多く生み出している。
これは、商品の突き詰められた魅力がなせることだ。

絶対に他者に負けないと言い切れる「商品の差別化」が必要だ。
この違いを、考えてみることから始めるべきだ。

3. 徹底的にユーザーの声を聞き、反映させていくことで商品を差別化する。

ユーザーの声、お客様の声は、経営者にとって聞き難いものでもある。
ありとあらゆるクレームや不平不満を受け止めなければならない。

どんなに良いサービスでも、必ずクレームや不満は存在している。
ある人が最高の評価をしても、一方で最低の評価をもらうこともある。

経営者にとっては辛い内容が、ユーザーボイスにはつまっている。
ただ、これらを避けていては、商品やサービスの進化は遅くなる。

先ほどのYコンビネーターの教えにもあったとおりだ。
ユーザーの声を徹底的に聞きだすこと。
それは、商品を差別化する最重要事項の1つだ。

ユーザーからの不平不満やクレームを正面から受け止め、反映させていく。
悪いところは修正し、重要だと思うところは残す。

大変なことではある。

全力でユーザーと向き合うからこそ先へ進めるのだ。
積み重ねに価値が生まれ、ノウハウとなる。

これを避けていては、自社の成長を遅らせてしまうだけである。

4. まとめ

今回書かせて頂いたことは、商売をする上で、至極当然のことだ。

商品自体の差別化をすることも、サービスの質をあげることも。
ビジネスを仕掛ける側としては、あまりにもあたり前の事実である。

しかし、想像以上にその本質はないがしろにされる。
差別化を避けてマーケティングの力に頼ろうとする人は多い。

確かに一時的に効果はある。
一定の成果をあげることは出来る。

だが、何度も言うようにそれらは一時しのぎにしかすぎない。

本当の意味で継続的な成果をあげるのは無理だ。
絶対に「これは負けない」と言えるような差別化が必要なのだ。
そうでなければ、遅かれ早かれ、価格競争に巻き込まれてしまう。

現在、価格を落とすしか作戦が無い、という業界がいくつかある。
何も新しいアイディアや差別化を生み出せなかった業界だ。

考えれば差別化は見つけることは出来る。
それこそ「頭がちぎれるまで」考えてみよう。
きっと、価格以外の打開策は見つかるはずだ。

商品やサービスの圧倒的な差別化を無しにして、本当の勝利は厳しい。
まずは商品やサービスについて考え、質をあげよう。
差別化を見つけ出し、それからマーケティングである。
それでこそ、100%、マーケティングの効力を発揮させることができる。

ぜひ、商品の差別化を作り出し、マーケティングを活用して欲しい。
順を追って本質から解決していけば、商品の売上を伸ばすことも夢ではない。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最