» 月360円で副業・起業を習得しよう!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。

月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

起業・複業を教えて欲しい、サポートして欲しいあなたへ。
月額360円!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

ニューヨークの旅 032011.4.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらは朝の7時です。

時差ぼけも特になく、快適な朝。

一軒家を改築したゲストハウスは、ホームステイしているような感覚で、朝飯適当に作ったりしつつ、ゆったり楽しんでます。

一緒に宿泊している仲間もいい人ばかり。

昨日は5番街探索してきました。

様々なファッションブランドのショップや、レストランがたちならぶ街。

ビジネスシーンにも、多々食い込んできていて、IBMやSONYのビルなんかもあります。

セントラルパークの片隅も入っています。

セント•パトリック大聖堂もあります。

ふらーっと5番街を探索し、まずは腹ごしらえ。

バーガー•ヘブンて店に入ったんですが、半端じゃなくうまいです。

肉もうまいけど野菜がうまい。

まさかのアメリカで野菜が美味いという奇跡。

ロックフェラーセンターにも上ってきました。

通りすがりのおじちゃんに、どこからタワーに昇るのか聞いたら、

「なんで、あんな所に22ドルも払ってのぼるんだ」

って一発目に文句を言われ(笑)

「日本からわざわざ来たんだから、いろいろ経験したいんだ」

と告げると、

「それはそうなんだろうが、22ドルも払うなんてどうかしてる」

なんて(笑) 最後には、

「楽しめることを祈ってるよ、グッドラック!」

と、一言(笑

なんて、反骨精神に溢れたおじちゃんなんだろう(違

ロックフェラーは高かったです。

初日に見たNYの全景、楽しかったけどなぁー、僕は。

いろいろ考えさせられたし。

後で写真もアップしますね。

さて、今日はCoworking Spaceに行ってきます。

Coworking space とはどういうところか?

詳しいことは、こちらのブログを見てください。

コワーキング・スペース「New Work City New York」Vol.1
http://twnr.net/?p=26

何か、新しい発見があるかもしれません。

独立する人、企業する人、その形は様々かと思います。

ただ、その働き方、形のあり方も様々で自由なものです。

人と人のアイディアが繋がり合って、新しい物事を生み出して行く。

そんなNYは好きです。

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。
月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最