» 月360円で副業・起業を習得しよう!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。

月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

起業・複業を教えて欲しい、サポートして欲しいあなたへ。
月額360円!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

今後「働き方」をどう変えていけるか。次の挑戦はこれだ!2015.8.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次に挑戦するビジネスのお話。今度のテーマは働き方を変える、ということです。

リモートワークをしてみて感じたのは、想像以上に世の中は、コミュニケーションにおける無駄が多い、ということでした。打ち合わせの時間、移動時間、電話の時間。東京に住んでいた時に行っていたこれらの時間の一切を消し去った結果、仕事の品質、速度、価格の手軽さ、全て向上することが出来ただけでなく、自分の時間を大幅に確保することが出来ました。

最新のテクノロジーを駆使することにより、これまでのコミュニケーションを補完することで、仕事の効率を改善することが出来る。無駄に発生していたコミュニケーションコストを削減することで、数多くのメリットを享受出来る。

確かに、直接対面で話をしなければならないプロジェクトもあります。ですが、これまで行っていた7割の仕事は、リモート化およびコミュニケーションコストの削減を実行することが可能でした。7割だけで充分に食べていけて贅沢もそこそこ出来る。

さらに電話すらほとんど使っていません。事実、この1ヶ月〜2ヶ月の間、電話連絡をほとんどしていない。コミュニケーションは全てLINEかFacebook、Chatwork、ごくたまにメールです。それにも関わらず、週に4日ほど働けば、充分すぎるほどの生活費は確保できる。

つまり、きちんと時間どおりに与えられた仕事が出来ていればさえ、数多くのコミュニケーションは必要なかったのです。これは、リモートワークをした上で、大きな発見でした。もっとも、業種によるのはそれはそうでしょうが、案外、他の業種にも応用がきくのではと思います。

 

とにかく、今の働き方にはシステムもコミュニケーションも無駄が多すぎると思う。

 

日本の仕事には、無駄なコミュニケーションが多いと感じています。付き合い、飲み会、逐一の報告、進行状況の報告、連絡。ほうれんそうも行き過ぎるとただの足に繋いだ鉄球です。そして、無駄なコミュニケーションコストを生み、結果的に本来するべき仕事に影響を及ぼします。そして、コミュニケーションはテクノロジーで補完できる。テクノロジーで補えない議論や心の繋がりのみ、直接の言葉で補えばいい。

今、仕事におけるコミュニケーションのあり方も、変わって来ているのだと感じます。そして、これからは今までコミュニケーションが数多く必要だった仕事も、ある程度直接対面せずとも成り立つようになってきつつあるのではないでしょうか。

コミュニケーションをそこまで必要としない仕事が多くなっていく。増えていく。であるのならば、当然ながら働き方が自由になる仕事も増えていくのは間違いないでしょう。数年前から、働き方が変わっていくと言われ、実際に少しずつ働き方は変化してきました。今から10年前の常識とは、だいぶ、変わってきたように思います。そして、考えるべきはこれからの働き方をどう進化させて行くか、です。

 

今後、会社のシステムはどう変化していくのか考える。

 

まず、一箇所に全ての社員が集まる必要はなくなるでしょう。それぞれ、自分が最もモチベーションが上がる場所、効率を確保できる場所で自分の仕事を行い、コミュニケーションが必要になる時に、出社する。言わば、個人事業主に業務委託をするような形が増えるのではと思います。よっぽどオフィスの環境が良ければ居心地もよくなるでしょうが、大抵の職場はそう居心地のいい場所ではありません。

コミュニケーションが少なくなることで、チームプレーがなくなるのでは、という人もいますが、実際解決できます。というのも、僕自身、スカイプをオンラインにして複数人で通話したまま作業をすることがあるのですが、これがまるで、同じオフィスで働いているかのような環境を錯覚させるのです。集中したいときは切る。ぜひ、やってみてください。

また、職場に出社するからこそ切り替えが出来る、という方ももちろんいらっしゃるので、そういったタイプの方のみが、自由に出社すれば良いかと思います。

電話応対やカスタマーサポートに関しては基本的に転送。または外注。専門的な知識が必要な場合のみ、社内スタッフに電話転送。そこではzendeskのようなカスタマーサポートを円滑にするサービスがフルで活用されることになるでしょう。顧客にとって重要なのは、自分の求める回答をもらえる場であり、それが相当のクレーム出ない限り、社員でなければならないということもないでしょう。また、SNSやオープンなコミュニティでQ&Aを発信することにより、電話対応そのものを削減。未然に問い合わせを防ぐことにだって注力できます。

また、秘書やバックオフィスも外注。CasterBizのようなバックオフィス専門の業者に依頼することで、人を一人雇うよりも手頃な価格で優秀な人材を確保できます。今や、経理や秘書といった業務ですら、機械にとって代わられると言われている時代。機械に依頼できる仕事が、果たしてリモート化できないものでしょうか。それはあまりにも現実的では無いと言えます。

ようするに、社内で抱えていたシステムや、発生していた多くのコミュニケーションは、テクノロジーの進歩によってどんどん社内で抱える必要が無くなっていきます。特に中小企業においてはそうです。例えば、上場する際やバイアウトする際には社内に必ず必要になってくるシステムもあるでしょう。ただ、大抵の企業にとっては、技術やサービスで補完出来る仕事は現段階で数多く存在します。そして、これらのテクノロジーを使った仕事に現代社会が慣れていないだけであり、リモートを使いこなす熟練度が増してくれば、より低コストで効率的な仕事環境が構築できていくはずです。

 

社内のシステムは、外部のサービスやテクノロジーでリーズナブルに代替できる。

 

つまり、総合的に何が言いたいかというと、これまで社内で持っていた機能は外注、もしくはテクノロジーに置き換わり、コミュニケーションは必要な接点のみで発生するようになる、ということです。今の社会環境ですら、すでに置き換え、効率化出来るポイントが数多く存在するでしょう。

対面および口頭でのコミュニケーションが必要な時は、たとえば口頭でしか行えないような複雑な打ち合わせ、ブレストなどであり、心のふれあいという点では、たまに仲間として食事したり、飲みに行ったり、というポイントで行われることになるはずです。どれだけ無駄なコミュニケーションがこれまで多かったか。そしてどれだけ多くのポストや役職が、他の効率的な何かに置き換わるか。それを考えると、今後、どういうビジネス環境が作られていき、どのような働き方が増えてくるのかは想像できます。

最も大きな変化は、場所や時間を気にせず働く優秀な人材が増えるということ。時間通りに仕事を仕上げ、優秀な出来栄えなのであれば、その人材がたとえ地球の裏側にいようが関係ありません。世界のどこにいようが、依頼した仕事が期日までに出来上がってくれば、問題ないのです。また、カスタマーサポートのような電話に関しても、世界のどこでも転送できるようになるでしょう。もうなっているかもしれませんが。

オフィスは小さく、コストパフォーマンスが良い場所へと変わります。現状だと登記したり、融資を受けるためには営業の実態が必要になるのでしょうから、そのためだけに必要になるとでも言えなくもありません。後は、個人が住みやすい場所、働きやすい場所を選んで移り住んだらいい。そのための補助を会社が出せばいいでしょう。オンライン上のコミュニティやサービスなどがオンライン上のオフィスに置き換わり、そこで仕事を管理する。お互い、ネットを介して繋がることで、プロジェクトを管理する。

直接の対面は、楽しむ時。もしくは熱くブレストをする時。そんな時代はやってくるのではないでしょうか。今の仕組み上、おそらく規模の小さい中小企業だけでしょうが、大企業もどんどんテクノロジーを使って効率化していくのは間違いないと思います。むしろ、もうそうなっているかも。

 

今のワークシフトはまだまだ未成熟であり序章。

 

そんなわけで、働き方の革命は、これらの流れを考えていくと、まだまだ序章と言えます。

この働き方のシフトを後押しする。起爆させる。そこに、次のチャレンジの魅力を感じています。もっと、社内の仕組みをオンライン上に移行し、個人が自由に、束縛を受けず働ける世界。そこに至るには、後、何が必要となってくるのか。そして、僕達はそういう組織として動き、実現していけるのか。

次の挑戦としては、これが面白そうだなぁと思うのです。

働き方っていうのは、まだまだ奥が深いと思います。今はまだ概念も、方法論も、環境も、想像出来る範囲のスタート地点であると感じます。だからこそ、新しい可能性を感じ、ワクワクできるフィールドだなぁと思えるのです。新しいプロジェクトはもう指導しているので、徐々に実現させていけたらと思います。

ようやくあれこれ考えた末に、とある友人のアイディアを元として、少しずつ、前進することができています。時期が来たら発表していきます。お楽しみに!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。
月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最