» 月360円で副業・起業を習得しよう!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。

月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

起業・複業を教えて欲しい、サポートして欲しいあなたへ。
月額360円!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

迷う必要ゼロ。資金調達の方法5パターン。2015.11.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資金調達をどうするかっていうお話。案外、ご存じない人も多いみたいなので。とは言え、僕も以前は全く知らなかったこともあって、気持ちはすごい分かります。どうやってお金集めればいいかなんて、案が誰も教えてくれませんからね。なので、ひとまず王道の資金調達方法をご紹介。もし、何かこれから仕掛けるとかでお金必要になったら、ぜひトライしてみてください。

金融機関からの融資。

 

王道その1です。銀行に行って、事業を説明して、お金貸してください、と話す。でも、大抵窓口の方がおじちゃんだったり、あまり知識が無い人が出てくるので、サービスの面白さというよりも、むしろ体制重視という、正直な所時代が一回り以上遅れた目線で見られる印象です。

考えてみると、例えばITの未知のサービスの話をしたって、窓口のおじちゃん、ほとんど何言ってるの?ってなると思います。仕方ないです。基本的に最近の傾向として、体制よりもサービスの可能性や人間性で投資を考える方が増えてきていると思うのですが、たぶんしばらく変わらないんじゃないでしょうか。一般的な銀行は。

ただし、日本政策金融公庫は割と、チャレンジャーでした。僕も融資を受けたことはありますが、けっこう事業の面白さであったり、そもそも国の役割を代わりに推し進めてくれるような事業だったりすると、案外貸して頂けるようです。人によるとは思うのですが、担当の方もけっこう理解が深かったような気がします。

ちなみに融資は基本的には借金です。返さなければいけないお金です。ので、利子つきで数年を跨いで返すことになるので、ご注意を。返さなくてもいいお金は投資です。まあ、返さなくてもいい、というと、語弊があるのですけれども。もし事業計画書がもう目の前にあるのであれば、ぜひ持って行ってみてください。

 

個人投資家やベンチャーキャピタルからの投資。

 

そして、投資。お金持ちの投資家さんが、未来の起業家、企業のためにお金を出してくれます。ただし、実際は会社の株を投資家さんに持ってもらうことになることが、ほとんどかと思います。良い感じの投資家さんであれば、経営陣の中に入り、自らも経営に参画します。右も左もわからない新米起業家を、中から育ててくれたりもします。ただ、完全にビジネスライクに、お金だけ出してくれる投資家さんもいます。

基本的に、自分たちの事業を一緒にやっていく、なんでも言い合える仲間のような人が、投資してくれる人には最も適切なんじゃないでしょうか。特に経験も浅く、早い段階で投資を考えるのであれば。

スタートアップや立ちあげ直後、アーリーステージにおいてベンチャー企業にお金を出してくれる投資家さんはごく一部です。なぜなら、基本的に投資家さんに大きなリターンがあるのは、株式上場した時か、バイアウトと言って会社を売った時です。初期段階で持っていた株の価値が、上場やバイアウトの際には何十倍、何百倍となっているので、差額が大きな利益になるわけです。基本的に起業家が大きく稼げる理由も同じです。

なお、投資家というと個人でリスクをとってくれる人のことですが、会社単位で投資していることもあります。それが、ベンチャーキャピタルです。ベンチャーキャピタルは会社がこれから上場やバイアウトの可能性がありそうな企業に投資するのですが、組織ぐるみで会社をサポートしてくれたりします。ちなみに潰れそうになったら、優秀な経営手腕を持つ人材を入れ込んでくれたり、ということもあるようですね。

最近は起業家養成も兼ねている形も多くなってきました。シードアクセラレイターなんて呼んだりします。Yコンビネーターという養成所は有名ですね。ポール・グレアムというすっごい優秀な事業家さんがはじめたプログラムで、DropboxやAirBnbはYコンビネーター出身ですね。もし、英語堪能で起業に興味がある方は、挑戦してみてもいいかもしれません。そんなわけで投資は大型の資金調達も出来る手段の1つです。

こちらは事業計画書よりも実際のサービスやプロダクトです。実際に機能するモック ( 仮の段階 ) までなんとかサービスや商品を仕上げた上で、話に言ってみましょう。もし、魅力的な商品、もしくはサービスなのであれば、きっと投資へと心を動かすことが出来るはずです。

 

クラウドファンディングサービスを使う。

 

企画しかないのであれば、インターネットのクラウドファンディングサービスで検索してみましょう。自分の企画を公開することで、気に入ってくれた人が少額から企画に投資してくれます。一般の人からの投資です。その代わり企画者は、何を返せるかを書きます。大抵、出来上がった商品を送ったりしているようですね。

特に、ユーザーになってくれる人がそのまま投資してくれるわけで、市場からの反応がダイレクトに伝わってくれます。盛り上がれば、宣伝の一貫にもなります。また、商品の購入価格も投資額に入れ込んで、先行して商品を購入してもらっているようなイメージもあります。

世界ではkickstarterなんてサイトが有名です。それこそ2000万ドルなんていう大型の資金調達まで実現しています。日本だとRADYFORやCAMPFIREが有名どころでしょうか。もし、自分自身の企画に自信がある人は、使ってみてください。もしかしたらすぐに、資金調達を成功させられるかもしれません。

 

仲間や家族、支援者を説得して寄付、もしくは投資してもらう。

 

僕はやったことないですが、けっこうあるみたいですね。とにかく、家族、仲間、支援してくれる人を説得して資金をかき集める。これに関しては特にこうした方がいい、みたいな情報は無いのですが、人としての魅力や可能性が、そのまま資金になるのではないでしょうか。

もちろん事業の可能性をきちんと見ることの出来る人がいれば、事業の価値を理解した上で寄付してくれるでしょうが、基本的にはその人の人間性になる気がします。とにかく信頼感があり、人を巻き込むような魅力を持ちましょう。って、持とうとしても簡単に持てるものでもない気がしますが。

 

自分で稼ぐ

 

なんだかんだ、一番自由に出来るのはこれでしょうね。投資を受けることは、ビジネスのスピード感を向上させますが、自分自身が自由な経営が出来るかと言えば、そうではありません。もっとも、投資家は起業家を育ててくれもするので、それぞれのスタイルによって意味合いも代わってくるでしょう。

さて、自分で稼ぐ場合ですが、コツがあります。

まず、自分の出来ることや経験、技術、技能、知識をいかに高額で売り、早く回収できるかを集中して考えます。例えば、自分自身が料理の経験を持っていたとしますよね。であれば、料理教室をやってみたらいかがでしょうか。そして可能な限り高額な値段とサービス内容を考え、お客様を見つけます。そして回収は前払いで頂く。これが出来ればすぐに資金も集まるでしょう。

もし、何か知っていることや得意なことがあれば、それを武器にします。自分の知識を提供することで、救える人や力になれる人はいないでしょうか。その人たちをターゲットにして、自分の知識をある程度高額で売れるような内容のサービスを考えます。後は、先ほどと同じように、お客様を捕まえれば良いのです。

ちなみに、サービス業がなんだかんだ言ってリスクも少なく、収益化も早い傾向があります。物を仕入れたりするのは事前に投資が必要ですが、サービス業であれば、自分が持っていることがそのままお金になります。

まずは「小さな規模から」という話を聞いたことがある人もいるかと思いますが、自分の知っていることや出来ることを求めている人は以外と多いのです。はじめは出来ることをお金にして、徐々に自分が本当にやりたい事業に投資できるだけの資金を集めていきましょう。

 

まとめ

 

ひとまず、5パターン、提案してみましたが何かヒントはつかめましたでしょうか。というより、現在まともに実施されている資金調達方法は、この5パターンになるかと思います。後は、カジノで稼ぐ人もいれば、株で稼ぐ人もいますね。ただし、カジノや株はもちろん最初の投資が必要になるあげく、徹底的に研究し尽くさなければ手に入れられない、上級者の資金調達かなと思います。にも関わらず、初心者が手を出しやすいのかなぁと。株は僕も今勉強中ですが、なかなか難しいです。感覚を掴むには時間がかかりそう。

そんなわけで、まずは王道に、自分の事業プランをしっかり練って、良いビジネスをして、投資家からの投資や融資を掴みとる、もしくは自己資金で、ビジネスを展開してみるのがいいのではないでしょうか。膨大な経験、そして感覚が手にはいります。ビジネスで成功することが出来れば、周りに何もなかったとしても、頭だけでいつでもどこでもゼロから稼げるコツを身につけることができますので。

ちなみに、単純にお金持ちになりたいのであれば、良い企業に入ってどんどん出世するのがいいと思います。わざわざリスクを追わなくても、良い企業で必死に頑張れば、それなりに大きなお金がもらえます。でも、例えば社会に何か産み落としたいとか、何か変えたいことがあるとか、実現させずにはいられないアイディアがあるのであれば、ぜひ、トライしてみてください。きっと、その熱意があれば、何かしらの解決策もついてくるはずです。

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。
月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最