世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

【第4回】自分で考える力を手に入れよう! 成功に「最も必要」な考え方とは。2017.4.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上山です。

カナダ極北の街、ホワイトホースに来て3日経ちました。
今日、バンクーバーに戻ります。
ちなみに旅ブログはOPENSEEDで書いています。
よかったら、こちらも覗いてみてくださいね。

気分転換に雪原に出て作業してみましたが、気持ちよかったです。笑

こんな、謎の場所で作業してみると、全く違った角度から物事を考えられたりします。
人にもよりますが、僕は作業する環境で大きく発想が変わったりするんです。
ちなみにこの時は「これからどんな作戦でビジネスしていこうか」考えをまとめてたんですね。

よく、ブレインストーミング(ブレスト)なんて呼ばれている作業です。
基本は複数人でアイディアを出し合うんですが、今回は一人でやってました。
結論はその場で出さず、とにかく色々なアイディアを出し合うわけです。
すると、まったく考えもしなかったようなアイディアに行き着くことがあるんですね。

ブレインストーミングの場合、環境を変えることで、発想も大きく変わったりします。
なので、僕はよく、複数人メンバーを集めて合宿をするのです。
例えば、江ノ島に行って海を眺めながらブレストしたり、温泉でしてみたり。
場所の変化は思考や発想に大きな変化をもたらします。
せっかく、北の果てまで北わけですから、ちょっと色々考えてみたくもなるわけです。
それで、こういう図になってます。笑

結果、すごーく良い時間になったわけですが、これはまたあとで説明させて頂きますね。
もし「自分も環境で発想が左右されるタイプかも」と思ったら、ぜひ試してみてください。

で、今日は別にブレストについて説明したいわけではありません。笑
「仮説を立てることの重要性」についてお話をさせて頂きます。

少し、前回の内容でも触れましたね。

みなさん、何か新しいことにチャレンジするとき、なんとなく始めていませんか?
もちろん、がむしゃらに行動することは良いことです。
ただ、何も考えず、がむしゃらに動いても、効果が薄くなります。
どうせ動くなら、最大限効果を出していきたいですよね。

そこで「動いたこと」の結果を最大限引き出すために「仮説」が必要になります。
何かを成功させるために必要なのが、失敗や成功を分析することです。
仕掛けたことが、なぜ成功したのか。
または、なぜ失敗したのか。
その要因を徹底的に洗い出すことが、挑戦を成功させる確率を増加させます。
ところが、大抵の場合失敗や成功を分析する深度が低いのです。
根本的に仕掛ける回数も少ない、ということもありますが、最も大切なのは成功と失敗を深く反省し、全ての要因をあらい出すことにあります。

ただ、要因を分析するためには、最初に必要なものがあります。
それが「仮説」を立てることなのです。

あらかじめ、何かに挑戦するとき「こうすれば、こうなるのではないか」という想定を作り、実行することで自分の仮説が正しいかどうかを検証するのです。

この作業は研究者の在り方とも似ています。

もしかしたら、こうもしれない。
こんな仕掛け方をすれば、成功するんじゃないか。
おそらく、これでは失敗するんじゃないか。

事前に仮説を設定することで、仕掛けた後の検証が行いやすくなります。
そして「この仮説は成功している」「この仮説はダメだった」と、実際に仕掛け、検証していくことで、正解を見つけ出していくのです。

仮説を持つことと、持たないことでは、雲泥の差があります。
自分が何を間違って、何で成功したのかが、明確に把握出来るわけです。

2度と同じ過ちを繰り返えさないのであれば、徐々に成功確率が高まっていくのは、当然です。

失敗と成功の繰り返しを記録して行き、前回の仮説を元に未来の挑戦を組み立てていくことが、最もプロジェクトを成功させるために重要な考え方、と言っても過言ではないでしょう。

こうした考え方は「仮説思考」と呼ばれています。

数年前に「ロジカルシンキング」という考え方が流行りましたが、仮説思考とロジカルシンキングは、両方使いこなすことで、最大限の効果を発揮します。

ロジカルシンキングや仮説思考の基本的な考え方については「仕事づくりの教科書」に記載してあるので、興味を持った方は、ぜひ読んでみてください。

よく、ビジネスを成功させるために「考え方」が必要とされます。
では、どんな考え方が必要なのか。

必要なのは「仮説思考」や「ロジカルシンキング」のような「自分自身でいかに問題を考えて解決出来るか」という、自分自身の思考力を高めるような考え方が必要になってくるのです。

決して、誰かの成功パターンを真似るだけの傀儡になってはいけません。
それは、考え方とは言わずに作業と言います。
作業だけ習得したところで、一度仕組みが通用しなくなれば、二度と自分で修復できません。
どんな状況になっても、自分の考え方で状況を打破出来る力を「考え方」というのです。

誰かの成功パターンを真似るのは、最低条件です。
その先にある「自分の頭で考える」ことが出来て、成功し続けることが出来るのです。

しっかりと仮説と検証、そして改善を自分の頭で考えて行っていきましょう。
常に仮説検証からの改善が出来るようになれば、誰だって成功は「時間の問題」になります。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最