» 月360円で副業・起業を習得しよう!

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。

月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

起業・複業を教えて欲しい、サポートして欲しいあなたへ。
月額360円!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

いくら稼いでるの?どうやって?という質問に対する答え。2016.10.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。上山です。
事業を作ったり売ったりしています。

いくら稼いでるのか、という質問メッセージを頂きます。
おもったよりも、たくさんメッセージを頂きますので、ここで解答させて頂きます。

今は月、大体100万円〜200万円といったところです。

2社の企業様のコンサルティングおよびクリエイティブの制作のお仕事を頂いていたりしますが、基本的にそれ以外は自力で作った仕組みから入る収入で生活しています。

よくあるネットワークビジネスみたいな既存の仕組みに依存するタイプではなく、ゼロから自分の手で作り上げた事業から生まれる収益を、少しずつ頂いています。1つの事業を収益化するまで、大体3ヶ月から半年ほどです。

ちなみに、アフィリエイトとか、こういった業種じゃなきゃできないとか、よくありがちなものではなく、オリジナルで本当に自分が良いと思った事業を仕掛けて、実績ゼロの状態から収益化します。事業を0から作りあげ、1を作りだし、1を100にしていくという流れを、事業を作り上げる力として修得したものです ( ちなみにアフィリエイトや広告収入を否定してるわけじゃないです。僕もやってますし)。

大きく概念として異なるのが、既に存在する商品を売るわけではなく、新しい概念から商品やサービスを作り出し、認知されることをするわけです。のっかるのではなく、自分がこうあって欲しい、という社会やら世界やらを実現する、というビジョンの元になりたっている方法なんです。または、今、地域や身の回りに存在する問題を解決し事業化します。社会起業家というポジションに近い考え方です。なお、これを覚えてしまえば、既存の売れる商品を売るなんてことは簡単です。

だから、いかなる場合、どんな状況においても生き延び、応用する力を持てるということです。一生使えます。

常に最新の事業の作り方を学ぶために、シリコンバレーのコミュニティと繋がり、情報収集を行っています。どんな事業作りを今もっともすべきなのか。どんな手法や手段が最速で事業を立ち上げ、収益化していけるのか。スタートアップなんて呼ばれる企業の手法を取り入れ、活用しています。

その後、最速で事業を作り上げ、まともに収益が出る仕組みを作りあげたら、条件の合う誰かにお任せし、少しだけ収益を頂いています。または、求めてくれる企業に売却します。作った事業は手から離し、また次の新しい冒険をはじめます。だからこそ、誰かに稼ぐ方法を身に付けてもらうことが得意なのです。自分の中にある仕組みづくりのサイクルに組み込まれていることなわけですから。

どうやって最速で事業を立ち上げ、収益化するか。
どうすれば、速度感を持って事業を作り上げ、利益に変えられるか。

ここに、膨大なノウハウが詰め込んであります。

言うは易しですけどね。
ちなみに大きなリスクはとりません。
手の届く範囲から徐々に攻めていきます。

もちろん会社に雇われながらでも事業を構築していけます。確かに事業だけに注力すれば、速度は早まりますけれども。また、事業を作るからといって、全てが全て、一般的な会社のような規模で進めるわけではありません。最小の行動で、可能となる範囲の事業を展開します。だからこそ、副業という形でも応用が効き、状況や環境に応じて柔軟に対応させていけるのです。しかも自分が興味のあること、ワクワクできることで。

最初はそれなりに大変なこともありました。ただ、一度方法を修得してしまうと、ありとあらゆる状況に応用できます。事業を作り、商品やサービスを売る、という行動は、ありとあらゆるビジネスに共通するスキルです。当然ですが、この方法を修得すれば、インターネットを活用してあらゆるビジネスに応用できます。

そして、これも当然ですが、根本的な物を売るスキルと物を作り出すスキルを身につければ、いかなる状況でも生き延びることができます。怪しい文言で人々の心にぬるっと入り込むような、よくある一過性の話とは全く質が異なります。ある一定のタイミングと条件下における収益の獲得手法とは、次元が違うのです。

僕自身は、25歳の時に会社を辞め、独立しました。それから3年連続で年収1,000万円をこえました。企業売却もしました。大きく仕掛けているうちに、商品を売り、いかに稼ぎ、収入を増やすかという手法が身体に染み付いていきました。結果、ありとあらゆる時間が自由になりました。先日のように、ふと思い立ったときに海外に旅しにいったりも出来るわけです。今度はカナダに3ヶ月くらい住もうかな、なんて考えています。

独立してから5年。自由気ままに生活しています。

photo-1465821185615-20b3c2fbf41b

今、こうして知識や技術を伝える活動をしていますが、理由としては「事業を作る」「稼ぐ」というスキルを、どんな人にでも手に入れられる、入り口の広い教育事業を展開していきたいからです。

インターネットが普及し、数多くの情報が手に入るようなって、事業を作ったり稼いだりするためのハードルは確かに低くなりました。しかし、まだまだ普通の生活圏からは手が伸ばしづらいのは事実です。どうやって売上を上げるの? どうやって事業って作られるの? なんて話をしたところで、大抵の人が答えをもっていません。

一体何からはじめれば良いの? どうすればいいの? 何をすればいいの?
そんな方がほとんどなのではないでしょうか。

また、実践的な事業作り、および稼ぐ、ということを学ぼうとすると、大きなお金がかかってしまいます。

事業作りや稼ぐということは、概念的にも、金銭的にも、なかなかハードルが高い領域。それが、実際の感覚値に近いところではないでしょうか。

もし、社会に生きる誰もが、すぐに手を伸ばし、事業を作り、稼ぐための知識や手法を学べるなら。もっともっと世の中は面白くなるのかなと思います。少なくとも僕はそう信じています。誰もが事業を持ち自分で稼いでいる未来は、僕にとってものすごく魅力的なんです。

というわけで、これまでの人生で積み重ねてきた「事業を作り、資金を作っていく手段」を、どんどん公開していきます。ぜひ、自分自身の今後の未来と照らし合わせながら実践してみてください。

ちなみに余談ですが。

「稼ぐ」という意識で「投資」に向かう人もたくさんいるんじゃないかなぁと。「FX」とか。ただ、最初から投資に足を向けるのは遠回りになりかねません。おそらく、投資の先生にも言われると思いますよ。「元手」をまず作ってきましょう、って。少なくとも僕は昔、そう言われました。

事業をして元手を作り、投資を極めてお金を増やす。自分で投資自体はしなかったとしても、例えば1億円稼いだとしましょう。後は、投資のプロに投資を任せ、月200万ずつ振り込まれるのであればどうでしょう。なかなかの安泰ですね。事業で一気に元手を作り、そこから投資に向かうのが、やはり正規の流れなのかなと。

初めから、どんどん投資出来るだけの資金があるのであれば、投資の方に直接いくべきです。稼ぐことを軸とするのであれば。でも、もし今充分に投資できるだけの資金がない、または事業そのものに挑戦したいのであれば、ぜひ、今後、記事を読み、実践してみてください。きっと役に立つはずです。

もう、起業や副業を学ぶために、高額な費用を払う必要はありません。
月360円で超実践的な「副業・起業スキル」を習得しよう!

「起業・複業」教えてもらいたい。けど、知っている人が周りにいない。
スクールやコンサルも高くて手が出せない。そんな悩みは、もう終わりです。
あなたに必要な「起業スキル」を分析、実践プランとして自動提供!
実践、ゼロイチに最適!副業と起業の教育・支援プラットフォーム誕生!
すべての人が起業スキルを得られる世界へ。初回100名様のみ限定募集です! » 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。また、すべての人に起業スキルをというビジョンのもとに、複業と起業の教育・支援プラットフォームを開発、運営。

Twitterお気軽にフォロー&友達申請してください^^
WEB制作、プログラミング、フリーランス、起業、スタートアップ関係つぶやきます。
https://twitter.com/shota_ueyama

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

起業・副業の仕方を学ぶなら、絶対読むべき記事19選!

Google検索で「起業・副業の仕方」等で調べても、良い情報は圧倒的少数です。 どれも、SEO対策でかさ増しを図った記事のみ出てきますね。 本当に成果につながる起業・副業の仕方に関する情報は、相当掘る必要があります。 と