世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

自信を持つにはどうしたらいい? 自分を成長させてくれる最も大事なこと2017.4.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーテルについた時は、もう22時をまわっていた。
アメリカ西海岸、ハリウッドで音楽イベントを開催したあと、そのまま南下してメキシコまでやってきた。
国境を越える時、メキシコへの入国は素通りと言ってもいいほど、スムーズだった。

しかし、反対車線には、長蛇の列、である。

アメリカ入国を待つ車と、車に群がる売り子。
その光景は、互いの国に隔たる、大きな溝を表しているように見えた。


メキシコとアメリカの国境付近。

今回の旅は、アメリカで音楽イベントを開催した1回目の旅だった。

当時、日本で音楽イベントを主催していた僕達が「アメリカに日本を見せつけてやろう!」という意気込みで仕掛けたものだ。

日本からスペシャルゲストが来るぞと、周辺の大学をまわり、宣伝し、結局250人近い集客を実現することが出来た。
アメリカの音楽イベントには特に憧れを抱いていて、マイアミで行われるULTRAや、ネバダ州の砂漠のど真ん中で開催されるアートの祭典、バーニングマンに夢を見ていた。

憧れていた規模には及ばなかったけれど、たくさんの仲間と一致団結し成し遂げた、僕らにとっての、小さな、そして最高に楽しい偉業だった。


会場の様子。


楽しい夜は続く。

「すべての偉業には始まりがある。しかし最後までやり続けなければ真の栄光はない。」

これは、1500年代に活躍したフランシス・ドレークというイギリスの軍人の言葉だ。
今回の挑戦は、まさに偉業の始まりだったし、最後までやり続ける価値のあることだと信じていた。

何か自分たちにとって大きなことを成し遂げると世界が変わる。
アメリカに入国した時と、全てを終えてメキシコに入国した時とでは、心の在り方がまるで別物だった。

成し遂げたぞ、という自信と達成感が心を満たしている。
もう、世界にやれないことは無いんじゃないかと、錯覚してしまうほどだった。
それはそれで、幸せな錯覚なんだと思う。

モーテルのベッドに座り、みんなでコロナビールをあける。

途中の砂埃の舞う市場で買った、今回のアフターパーティーとしては、少しばかり安いビールに思える。
だが、身の丈に合っていたし、なによりチームの仲間で、今回の想いを語りながら飲むビールは格別の味がした。


アフターパーティーの少し前。

そのまま外に出て、ローカルな音楽イベントに参加し、朝まで踊った。
綺麗なドレスも着ていなければ、特段オシャレな会場でもない。
けれど、僕達のあらゆる幸福という幸福は、全てがそこにあった。

達成した、成し遂げたという充実感は、まるで麻薬だ。
それが、最高のメンバーと一緒だったらなおさらだ。

何か、今まで生きてきた自分の命が、さらに洗練され、昇華するように感じる。
達成感という最高の快楽と一緒に、大きな自信と成長をくれる。

人は、何かを達成し続けることで、心も思考も成長していく。

成し遂げたことが、限界よりも大きなことであるほど、大きな成長を遂げる。
今まで持っていた自分自身や、感じていた世界の見え方が一変するほどに。

行動出来る範囲は広がって、たくさんの在り方を心が受け入れられるようになる。
自信と共に、はっきり誰かと話せるようになって、誰かの目を真っ直ぐみられるようになる。
お金よりも、他の何よりも、自分の成長が何よりの報酬だった。

自信を持つことが出来なかった人ほど、思い切って挑戦すべきだと思う。
人と話すことが苦手で、世界にどこか怯えている人ほど、踏み出すと強かったりする。

僕もまた、そんな人間だった。

誰かとのコミュニケーションも、社会で仕事を続けていくことも苦手だった。
全てが街灯さえない真っ暗な夜の海みたいに見えた。

どこまでも続いていて、恐ろしく、終わりがない。

自分が持っていないものを手に入れたかった。
自信を持って生きていきたかった。
だからこそ、挑戦と達成を繰り返し、少しずつ自分をまともにしてあげたのだ。

自分への信頼や自信は、挑戦と達成によって作り出される。


スパイダーマンとワイン。

ほんの少しだけ勇気を持って、目を閉じてもいいからやってしまったらいい。
一度、何かを達成してしまったら、必ず次もやりたくなる。
何度も「もう絶対やらない」なんて言いながら、次もまた挑戦を続けている自分がいた。

それは、まるで、中毒症状にも似ている。

挑戦と達成で自分自身が成長していく感覚を、忘れられないからだ。
中毒と言っても、決して悪いことなんかじゃない。
この世で一番、自分を成長させてくれる連鎖の始まりにすぎない。
自分の成長への快楽だけには、依存してもいいんじゃないかなと思う。

イベントの会場から出ると、メキシコのビーチは暗く、夜に沈んでいた。
朝は、まだまだ遠いらしい。

あちこちから聞こえてくる重低音と波の音が、どこまでも心に染み渡った。
ビールを片手に散歩する真っ暗な夜の海が心地よく、いつまでも続いて欲しいと思った。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最