ゼロからイチを生み出す!
「仕事づくり」をマスターしよう!

理想を掴みとれ!「仕事づくりの教科書」で実現できる未来とは?

2017.5.7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな未来を、理想として持っていますか?

経済的に余裕を持てる生活がしたい。
今よりも、少しだけ上の生活がしたい。
時間も場所にも囚われず、自由に仕事をしたい。

理想を実現するためには、何が必要でしょうか?

1つの大きな答えは、理想を実現できる仕事を持つことです。
しかも自分で仕事を作り出せることにあります。

この社会は資本主義です。
資本主義である限り、仕事が経済的安定に繋がります。

ただし、誰かが立ち上げた仕事の手助けをすることではありません。
それでは、誰かの事情で人生が左右される日々が続くだけです。
今の日本では、給料も上がらず、使われて終わりです。

ある日突然、事業の縮小と共に首を切られるかもしれません。
倒産してしまい、行き場を失ってしまうかもしれません。

今や、どんどん大企業が潰れていっていますね。
倒産という言葉に、リアリティが増してきました。
中小企業であれば、なおのこと、可能性があります。
この企業なら安心だ、とはもはや言えない時代なのです。

こんな時代に理想を叶えるために、何をすれば良いでしょうか?
どうすれば、理想を実現させながら生きていけるでしょうか。

それは、自分自身が、仕事を作りだせるようになることです。
いつでも、どこでも、自由に仕事を生み出せることです。

理想のライフスタイルを実現したい。
時間も場所も囚われず、自由に生活がしたい。
今よりも少しだけ生活レベルを向上させたい。

その全てが、自分で仕事を作れることで解決すのです。
もう少し詳しく、説明していきましょう。

仕事を作れると、こんな未来が待っている。

少し、リアルに想像してみてください。
これは夢でもなんでもなく、自分次第で掴めることです。

例えば、明日、会社が倒産してしまったとします。
1週間で新しい仕事を作り出し、収益源を生み出すことができたら。

旅先にふらっと足を運び、その土地が気に入ったとします。
その場でビジネスを作り出し、住み出すことができるなら。

例えば、地球の裏側に行ったとします。
その場でできる仕事をすぐに作り出し、収益に変えられたらどうでしょう。

どうですか? 仕事を作り出せる自由とはこういうことです。
時間や場所関係なく、自由自在に自分の意思ややりたいことを実現できるのです。

例えば、明日、会社に愛想をつかせたとします。
理不尽なことを言われ、すっかり愛想がついたとします。
でも、たいていの人は、そこで我慢するしかありません。

そんな時、すぐに仕事を作り「そんなことなら辞めます」と言えるのなら。
実際は辞めなくても、辞められることは大きな余裕になります。
もっとも、仕事を作れる人を辞めさせる会社なら、むしろ辞めた方がいいですが。

社会では、新しい発想で時代の先を行く仕事が求められています。
ところが、大抵の人は、用意された仕事しかできません。

もし、そんな中、新しい発想で仕事を作り出すことができるのなら。
ただの社員として放っておく役員なんていません。
自分で仕事を作れることは、会社をリードできる力も持つことです。
当然、仕事の幅も、段階も、より上に進めます。

そして、私自身の本業でもあるイノベーション分野。
自分が新しいアイディアで事業を作り出すことで、世界を進化させたい。
社会を大きく進化させるような挑戦がしたい。
もちろん、そんな挑戦も仕事を作ることです。
巨大な可能性さえ秘めています。

仕事を自由に作り出せる、ということはつまりこういうことです。
少し、イメージが膨らみましたでしょうか?

会社の仕事をしながら、休日でささっと収益化すれば良いのです。
給料が上がらないのであれば、自分で収入を増やしてしまえばいい。
会社で働く時間を給料分に調整して、自分の仕事に使えばいい。
安定を確保しながら生活レベルの向上なんて、いくらでもできます。
かなり楽勝です。

仕事を作れるとはつまり、人生において自由を手にすることです。

何かに頼ることなく、自分の手で仕事を作り出すこと。
仕事を作れることが、安定であり、理想の実現に近づくための一歩です。

今すぐ動き出せば、3回やったら1回は成功できる。

そんなことが果たしてできるのか? と考える方もいらっしゃるかもしれません。

少なくとも、それらは理想は動き出せば、掴めるものです。
決して、手の届かない話ではないのです。

理想の実現に関する有名なデータがあります。

「すぐ理想に向けて行動すれば成功確率39%」
「理想の実現を後回しにすれば0.08%」

これは、米国のジャーナリストが実施した調査です。
対象はビジネススクールの学生でした。
今すぐ行動さえすれば、39%の人が理想をつかみ取れたのです。

意外と高いと思いませんか?

計算上は3回挑戦したら、1回は成功できるということですね。
そして、1回成功してしまえば、あとは自由です。

ただ、行動するにしても、基本が必要です。

まず、何から始めればいいのか? どうすれば踏み出せるのか?
自分で仕事を作り出すには、どうすれば良いのか?
多くの人が、最初の一歩で躓きます。

だからこそ「仕事づくりの教科書」を書きました。

理解し、走り出してしまえば早いのです。
進み出してしまったら、皆実現していくのです。
たいていの人は、理想を叶えています。
理想を叶えられなかった人のほとんどは、走り出せなかった人です。

仕事の作り方全体を把握して進めば、80%は成功できる。

これまで、たくさんの人に仕事づくりを教えてきました。
そして、自分自身でもたくさん仕事を作ってきました。

結果、わかったことがあります。

皆、どうすればいいのかが、わからないのです。
明確な地図を書くこともなく、ふらふらと目的地を目指してしまうのです。

結果、どこから手をつけていいか不明確だから、つまづきます。
進み方を理解せず、全て手探りで歩くから、成長が遅いのです。

道筋やすべきことが分かっていれば、何も怖いことはありません。
なすべき道の全体像が分かっていれば、あとは歩むだけです。

すべきことを知り、道筋を理解すれば一気に状況が変わります。
事実、一歩行動を踏み出し諦めず行動した人は80%以上理想を実現しました。

自分のWebサービスを作り、収益化し売却、海外に行った人。
シェアオフィスを立ち上げ、常に満員状態をキープした人。
自分のブランディングを作り、コンサルタントになった人。
Webデザインプロダクションを立ち上げ、好きな仕事を立ち上げた人。

みな、諦めずに行動した結果、すべて自分の理想を叶えることに成功しています。

だからこそ「仕事づくりの教科書」を書き起こす動機となりました。
何をすればいいか、全て流れを理解した上で、先へ進めるように。
大切なのは「点」を知ることではなく「線」を知ることなのです。

今、世の中に出ている情報は、そのほとんどが点です。
例えば、集客する方法が手法ごとに提供されていたり。
必要な考え方だって、〜の手法、みたいな形で説明されています。

でも、一番大切なのは、それらをいかに組み合わせて使うかなのです。

集客にしろ、マーケティングにしろ、起業の仕方にしろ、絶対に1つでは成り立ちません。
個別で効果を出すものではなく、組み合わせて使うから効果が出るのです。
まず、この思考で考えて、これにはこの手法があうから、これを使おう。
そんなふうに、流れとして組み合わせて使うから、意味が出てくるのです。

なのに、今の社会では、流れとしてイメージできるものがありません。
そのほとんどが、個別で提供され、伝えられています。
だからこそ、仕事作りの教科書は「一連の流れ」として書かれているのです。
仕事を作るための地図、それが「仕事づくりの教科書」なのです。

仕事を作れるようになれば、理想は実現できます。

ここまで読んで頂いた方は、仕事を作れるようになる重要性、お判り頂けましたでしょうか。
そして、動き出せば、大体の人が手が届く道であることも、理解されたでしょうか。
だからこそ、私は、みなさんが頑張ればできることであることを、確信しています。

最後に、もう一度だけイメージしてみてください。

ここからは私自身の実体験です。
なので、実際の写真を載せて行きます。

南の島に行き、海が綺麗だったとします。
そのビーチを見て、ここに住みたいと思ったとして。
すぐに仕事を作り出し、その土地に住み始められるのなら。

今、生活がそこそこ苦しかったとします。
月末になると通帳を見て、もう少し余裕があったのならと考えたとして。
もし、この瞬間に、何かの拍子で10万円、振り込んでもらえたらとか考えたとして。
それが、自分自身の力で計算づくで実現出来たのなら。

もう少し、家族にいい想いをさせてあげたかったとします。
週末には美味しい食事に行かせてあげたい。
親孝行でも、奥さんにでも子供でも、夫でも。
少しは、いいものを買ってあげて、贅沢させてあげたい。
それが、自分自身のタイミングで実現出来たのなら。

結婚を考えている彼女に、格好いいところを見せたい。
余裕のある姿を見せたい。
もっともっと一緒にいる時間を余裕をもって過ごしたい。
そんな自分自身を実現させられるなら。

好きな洋服を着て、好きなものを食べて、自由に過ごしたい。
週末にはパーティーに行ったり、ドレスやいいジャケットなんかを着たり。
おしゃれして景色のいいレストランで夕食をとって。
自分自身の実力や魅力もしっかり磨き上げた上で、成し遂げられたら。

それら、全てが「自分で仕事を作ること」で叶います。

先ほども言った通り、今すぐ動き出せば、成功確率39%。
3回挑戦すれば、1回は成功できる計算です。
しっかり道筋を把握して動き出せれば。
そして諦めずに挑戦すれば、80%の人が成功します。

理想は叶えられるのです。

仕事づくりの教科書には、理想にたどり着くまでの地図を描きました。
道の歩き方の多くを、書きました。

そして、これからも随時、アップデートしていきます。

仕事づくりの教科書をダウンロードし、ぜひ、踏み込んでみてください。
そうすれば、もうあなたは成功への道を歩み始めたも同然です。

自分の理想くらいちゃちゃっと叶えてしまいましょう。
そして、もしそこに満足して、次の理想を追い求めたくなったら。

ぜひ、世界を変えるような挑戦をしてみてください。

社会に大きな影響を残すようなイノベーションを起こしたい。
FacebookやGoogle、Appleのような世界を変える挑戦にワクワクしたい。
日本だけではなく海外でも挑戦し、世界を視野に入れた活用がしたい。
もし、今すぐに、そんなワクワクする挑戦が出来たのなら。

自分で仕事を作ることなんて朝飯前になっているはずです。
この感覚を、ぜひ共有してみてください。

全ては「仕事づくりの教科書」からはじまります。
ここに書いた全てを実践してみることで、得られる膨大な可能性があります。
より理想的で、ワクワクする人生を、一緒に叶えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに詳しく、具体的に起業を知りたいあなたへ

教科書を使って「自由に仕事を作れる」ようになろう!

仕事づくりの教科書には自由自在に仕事を作り出す方法が書かれています。
「人脈、資金、スキル」何も無いゼロの状態から、どうやって仕事を作りだしているのか。
そして、仕事を作り出すことで、時間にも場所にもとらわれない自由な働き方を実現できます。
上辺だけでは無い、実践と経験に裏付けされた手法がここにはあります。
ぜひ、自由に仕事を作れるようになり、理想の人生を手に入れてください。

 詳細はこちらから!
 教科書のご購入はこちら!