世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

なぜビジネスを先読みできる? 未来を「読む力」の真実。2017.3.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくビジネスを成功させるのは「未来を読める人」だと話されます。
ただ、実際のところは少し違います。

成功している人は、未来を読んでいるのではなく、作り出しているのです。
自分が「こうあるべきだ」という未来を明確に持っていて作り上げるから、未来が出来るのです。
だからこそ、先駆者としてリーダーシップを取れるわけですね。

ただ、多くの人は、世界の流れや未来が読めるから、成功しているのだと勘違いしています。
それは「ビジネスをすること」そのものに執着してしまうからです。

何をしたら稼げるだろうか、どうしたら売れるだろうか。

結果的に生まれた思考やアイディアは、周りの成功をなぞっているだけです。
それでは、この世に事業を作り出した時点で、大きな競合と争わなくてはなりません。
初めた時点で、すでに辛い戦いを強いられることになります。

本当に大きな成功を納めるのは「こんな商品・サービスがあったらいいのに」を想像し、実現し、道を先導して開拓した人間なのです。
こんなものが欲しい「こんなサービスがあったらいいな」と想像し、形にすることの出来る人です。

単純に言えば、想像力と自分を信じ抜く熱量ですね。

今世の中に必要なものは何だろうかと想像し、形に出来る人間が、最も大きな成功を納めていきます。
ただし、もちろん、まだ世の中に無いものを作り出すわけですから、たくさんの壁があります。

何より、人々が「それが必要である」と想像できていないところが難関です。
新しい商品やサービスを作ったとき、まずそれが「必要である」と認識させる必要があるわけです。
では、一体、どのようにして人々に「それが良いものだ」と認識させることが出来るのでしょう。

ここで参考になるのが、スティーブズという漫画です。
スティーブ・ジョブズたちがAppleという企業を立ち上げ、世界を変えていく自伝的な漫画ですね。
僕はAppleやスティーブ・ジョブズをよく例に出して説明をしています。

彼らは、まだ「コンピューター」が世界になかったころ、コンピューターを作り出しました。
初めは、一体コンピューターがどう世界に必要なのか、誰も理解していませんでした。
しかし、彼らが圧倒的なカリスマ性を持って、どんどん浸透させていったのです。

カリスマ性とは何かというと、圧倒的な熱意です。
それが確実に未来を作ると信じて進む、盲信的なほどの熱量なのです。

スマートフォンも同じですね。
まだ世の中にスマートフォンが存在していなかったころ。
彼らがiPhoneを作り出し、瞬く間に世界に浸透させてしまいました。

絶対にこれが必要であると信じ抜き、人々に信じさせる熱量。
そして、圧倒的な行動力。

それこそが、多くの人間に可能性を信じさせ、コンピューターが必要であると理解させたのです。
もし彼らに圧倒的な熱意がなければ、世の中は今よりも数年、遅れていたかもしれません。
今、世界がこうして順調に進化し続けているのは、彼らの熱量が作り出した現象なのです。

未来を読むなんてことは出来ません。
何が起きるかなんて誰にもわからないのです。
自分自身で信じることを作り上げるしかありません。

なお、今は彼らの起こした現象が解明され、理論化されています。
どんな理論となっているのかを知りたい方は「仕事づくりの教科書」を読んでみてください。
誰もがその手段を実践することが出来るようになりました。
ただ、根底に熱量が必要であることは変わりません。

もし何かで成功を望むのであれば、圧倒的な熱意を持って、仕事に取り組むことです。
そうすれば、次々に多くの人があなたの後を追って来てくれることでしょう。

自分の想像力を働かせてみてください。
世の中にとって、これが必要だと信じられるアイディアにたどり着いたら、最大限の熱意と共に行動を初めてください。

誰かを説得し、巻き込む力は、その人の持つ熱量そのものです。
盲信とも言えるほど圧倒的な熱量が、あなたとあなたの仕事を成功まで引っ張っていってくれるでしょう。

未来は予測するものではありません。
自分の想像力と行動力で、作り上げていくものなのです。

未来を読む目の真実とは、想像力と自分を信じ抜く熱量に他なりません。
何か仕掛ける時は、この考え方を絶対に忘れることなく、踏み込んでみてください。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最