世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

時代に必須! イベント集客に使えるアプリ&サービス5選!2016.12.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔はイベントの集客というと、人づてに声をかけることが主体でしたが、今は便利な世の中になりました。

コミュニティを作るサービスから、イベント集客に使えるアプリまで、様々な集客方法を可能にする手段があります。

同時に、サービスやアプリが普及してきたということは、人々の情報取得の方法も変わってきてるということで、従来のやり方ばかりでは、通用しなくなる日もいずれ来るかもしれません。

時代には時代にあった集客を。

発展したテクノロジーが配ってくれるカードは、全て使いこなして初めて、より効果的な集客を可能とします。

今日は、集客やイベントに使えるアプリやサービスを、ご紹介していきます。

イベント集客の決定版。ミートアップ ( meetup ) 。

海外では割と使われることの多いmeetup。ワーキングホリデーや留学などで、友達作りのために使ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

meetupはまず、コミュニティ、もしくはイベントを立ち上げます。

そして、行きたい、参加したいという人は、イベントをフォローし、情報を手に入れたり、参加者とコミュニケーションをとったりもできます。

facebookのイベント告知機能だけ抜き出して、より充実させたイメージといってもいいかもしれません。

日本だと、meetupでは特に英会話関連のイベントが多いですね。

というのも、元々海外発祥ということもあり、外人の方が多く使っているため、外人と日本人を結びつける場としてはうってつけだったからです。

そのため、徐々に英会話関連イベントが増えていき、その多くが国際交流などに焦点をあてたイベントになっていったわけです。

ただ、認知度があがるにつれて、徐々に英会話であるとか、外人さんが多い、というだけでなく、趣味や勉強を軸としたイベントも増えてきているみたいですね。

ジャンルが増えて一般的に認知されるのも、時間の問題といったところではないでしょうか。

講座を始めとする教育関係であればストリートアカデミー

もし何か勉強になるイベントを企画しているのであれば、ストリートアカデミーは最適です。

イベント自体にそれなりに評価が集まるようであれば、事前にメールで告知していくれますし、外部で集客しなくても自然とお客さんが来てくれるほどです。

セミナーや勉強関連においては、一番集客しやすいプラットフォームと言っても、過言ではないのではないでしょうか。

プラットフォーム側からも、いい講座にはお客さんをどんどんマッチングさせよう、といった気持ちが伝わってくるので、ものすごく良い循環が出来上がります。

正直、良い講座をもっていれば、ストリートアカデミーだけで、余裕で生計がたてられます。

自分で何か、教えられる知識やスキルをお持ちであれば、ぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。

なんでも募集できる地域コミュニティアプリ。メルカリアッテで募集。

若い世代の人たちは、ここで集客しているみたいです。そして、まだ僕は使った時ないので、なんとも言えないのですが、若い世代を中心に集めやすそうなイメージはあります。

比較的ライトな無料募集から、ちゃんと料金を取るものまで、たくさんあるみたいなので、気軽に募集をかけやすいイメージです。

ジャンルとしてのバリエーションも多種多様ですね。

というより、むしろ、このアプリについては、読者の皆様の中に僕より詳しい方がいらっしゃるのではないでしょうか。笑

これから僕も何度か使ってみて、よかったら、こちらの記事に追記していきますので、お楽しみに。みなさんも、ぜひ使ってみてください。

Facebookページ&イベント、Twitterを始めとする定番ソーシャルネットワーク

もはやかかせませんね。ソーシャルネットワークの基本機能。

FacebookページやFacebookイベントページはもちろんのこと、Twitter、Instagramなども、全て、イベント集客にはうってつけのツールです。

ただし、Facebookは個人アカウントではなく、Facebookページやイベントページです。個人アカウントととは別に、これらが使えるということは知らない人もいらっしゃるようですね。

TwitterやFacebookも個人のアカウントとは別に、イベント集客用のアカウントを作って、そこで集客活動をしていきましょう。

ちなみにSNSを使った集客方法などの方法は、ストリートアカデミーで開催中の講座や2016年春にリリースする教育プラットフォームで提供していきますので、ぜひ利用してみてください。

s5deug2yuvu-aranxa-esteve

メルマガの進化版。LINE@でリストを作る。

集客そのもの、というよりも、見込み顧客をしっかり来てもらえるように育成していく段階でしょうか。LINEそのものは身近ですが、LINE@は、使っていない方も多いのでは。

LINE@は、メールを読まなくなった世代に対して、効果的なアプローチが出来るアプリの決定版と言ったところでしょうか。

登録してくれた人全てに対して、LINEメッセージを一斉配信できます。

なお、一斉配信できるのは管理者のみで、登録してくれた方が全員にメッセージを送る、なんてことももちろんできません。登録者同士の直接的なやり取りも発生しません。

また、登録者は管理者にLINEメッセージを送ることも出来るため、直接メッセージでサポートすることも出来るようになります。

LINEのいいとこ取りをしたコミュニティアプリといったところでしょうか。

定期的にメルマガのように情報配信をすると、なおのこと効果的ですので、ぜひ使いこなしてみてください。

え? 本当に読むの? と言われるメール。

メールですね。けっこう僕、メールに対しては疑心暗鬼のところがあったんです。そもそも、僕自身がメールをまったく読まず、使いもしないので。

でも、それが自分だけの価値観だと気づくことができました。もし、メールなんて時代遅れ、と考えている方がいたら、すぐに考えを改直してください。

メールは、読まれているんです。

しかも、興味のあるメールであれば、隅から隅まで読んでしまうほど、メールは今も読まれ、使われているそうです。

結局のところ、使うツールは年代によるというだけであり、大事なのは、その内容であることは間違いありません。

配信するコンテンツの内容が良ければさえ読まれますし、悪ければ飽きられる。ただそれだけの話であり、使えるツールはなんでも使っていった方がよいのです。

ぜひ、メールも使いこなしていきましょう。

まとめ

イベント集客を可能とするプラットフォームもたくさん増えてきました。

上手く使いこなせば、ととえ知り合いや友人に電話をして誘わなくても、本当に求めている人が足を運んでくれるような集客方法が実現できるでしょう。

しかし1つだけ注意点があります。

それは、1つのプラットフォームに依存しすぎることは辞めましょう、ということでです。そして、プラットフォームそのものに依存しすぎることもダメです。

なぜなら、あくまでもプラットフォームはどこかの会社が提供しているサービスであり、いつか終わりが来るかもしれないものです。

だからこそ、1つのプラットフォームに依存しすぎると、ある日突然、サービス提供が終了することになった場合、収益が大きく減ってしまうかもしれないからです。

1つの場所に依存することなく、複数の手段を総合的に使いこなし、かつイベントそのものの価値を高めて何がなくてもどんな状況でも集客を可能にしていけること。

そんな柔軟性のある、リスクを分散された集客の形が望ましいのです。

ぜひ、魅力的なイベントを開催し、お客さんを楽しませましょう。そしてファンをつくり、何がなくとも愛されるイベント作りをすすめていきましょう。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最