月額540円で起業の教育と支援を受けられます。

OPENSEED AVERY 新規登録

起業したいけど知識が足りない。何から始めていいかわからない。
そんなあなたに、月額540円で、起業に必要な全てを提供します。

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

亡くなる時に人が話す「最後の言葉」第1位を聞いて思うこと。2017.7.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterで、あるツイートが流れて来た。

亡くなる時に患者が言う言葉ナンバーワンが「あんなに働かなければよかった」なのだそうだ。
だからツイートした人は「楽して生きるように心がけよう」とつぶやいていた。
そのつぶやきは、やたら何度もシェアされていた。

一方で僕は、同じツイートを見た時に、別の考えが頭をよぎったことを思い出した。

同じ内容を見て僕は「死に際に後悔しないよう、ワクワクする仕事をしよう」と感じたのだった。
少しも「楽をして生きよう」という考えなんて浮かばなかった。

最初に言うと、別に「苦労して生きた方がいい」なんて思っていない。
自分のやりたいように生きれば、それで良いのだ。
楽して生きる人のツイートも、シェアした人にも悪意はない。

だが「え、ほんとにいいの?」と脳裏によぎった。

よく言われるように、人間は仕事して生活費を稼ぐ。
だから、人生の大半を仕事に使う。

もっとも、僕は働くという概念に対して、苦痛だとか辛いだとかいう感情は持っていない。
自分が好きな仕事や働き方を実現したので、もはや高度な遊びに近い。

誰かと会って、話をして、一緒にサービスを立ち上げていくのが楽しい。
ワクワクするし「これ行けそう!」 と思った時の感動は格別だ。
うまく行ったときやそうでない時、仲間と一緒に飲むのも楽しい。
別に時間が縛られているわけでもないし、それでも仕事を作り出している。

僕は、この10年で、自分が自由に好きな仕事を作り出せる術を獲得した。
おかげで、1日中好きなことをやっているようなものだ。
行ってみれば、世間一般で言う古めかしい「仕事」という感覚は存在しない。

だからこそ「楽して生きてこなくてよかった」と思うのだ。

自分で言うのもなんだが、自分でもあえて苦難の道を歩んだと思う。
贅沢できるだけのお金を得ても、自己投資や事業経験に当てた。
普通の幸せを先伸ばしにして、長期的に物事を考えた。
そして、30代になった時、好きな仕事をするために経験を蓄積したのだ。

おかげで、今死んだとしたとしても「楽しかったな」と話すだろう。
今もまだやりたいことがたくさんあるので、死ねないが。笑

そして、もはや今後、仕事が無くなるかも、とか怖がる必要もない。
自分の価値を存分に発揮できることがわかっているし、楽しんでお金を稼げる。
資本主義である限り、人は仕事で社会に関わらざるを得ない。

だからこそ、楽して生きようという意味が「楽な仕事を最低限」であるなら最悪だ。
最も「楽」や「自由」「ストレスフリー」という言葉からは遠ざかる。
なぜなら、仕事が目の上のたんこぶでしかなくなるからだ。

毎日、あまりしたくもないことに、8時間も使う。
人間の稼働時間が16時間だとして、半分だ。
人生の半分を、あまりしたくもないことに使うのだ。
まったくもって、その価値が意味不明なのだ。

どうしたって、その8時間だって思い切り楽しみたい。
仕事という8時間が、楽しいことになれば、本当の意味で自由だ。
おまけに、未来にも人生にも先行き不透明になることもない。
楽しんで仕事をしている人は、結果的に求められるからだ。

それか、仕事をしない生き方を選ぶという道もある。
だが、その仕組みを作るために大きなリスクがつきまとう。
遺産相続や何かの紛れ当たりでそうなることもあるだろうが、求めるだけ無駄だ。
ラッキーパンチを狙うより、自分の頭で考えて進んだ方が早い。
どう考えたって、楽しようとすることはリスクでしかないのだ。

現実的にどうすれば理想が叶うか、直視していないケースが多いのではないだろうか。
どうして、わざわざ自分が抑圧される方向の生き方を選ぶのか、理解に苦しむのだ。
何を考えて、楽出来ない方向に進もうと思うのか、意味がわからないのである。

現実的に考えたところで、答えが一向に出てこない。

早くゴールに迎えるように、筋書きを立てて、動いて行った方が早いだろうに。
その間には辛いこともあるかもしれないが、たどり着いたら非常に生きるのが楽しい。
歩み始めもせず、楽ばかり考えていたら、いつまでも楽できないままになる。
おまけに、人生の時間の半分を楽しくも無い所に使うのだ。

まあ、それでも楽しい人はそれでいいのだろう。
人生に対する価値観なんて様々だ。
半分の時間抑圧されても楽しいものは楽しいだろう。
早く理想を手に入れるよりも、半分苦痛で半分楽の生活を送るのもいいかもしれない。
例えば、その間に不要だと言われてリストラされたりするかもしれない。
将来の生活に、怯えることもあるのかもしれない。
でも、楽で楽しいと自分が思えるのなら、良といえば良いのだろう。
一周回って、そういう生き方が信念になることもあるかもしれない。
今の時代は、有りとあらゆるものは価値観次第で全て「良く」されてしまう。
だから、一概に悪いとか良いとかは言えない。

ただ、そんな生き方が直感的に「嫌だ」と感じたのであれば。

早めにゴールを決めて理想を手に入れる筋書きを描くことだ。
その道を一歩一歩踏みしめて、着実に歩んでいくことだ。
間に苦労があるかもしれないけど、きっと楽しめる。
そして、一刻も早く、自分の臨ゴールにたどり着くことだ。
決して、目の前の楽という文字に踊らされるべきではないのである。

それにしても、本当に理解できない。
今の世代であり、そういう時代、ということなのか。

月額540円で、起業を学び、支援を受けられるオンライン・プラットフォーム「AVERYβ版」公開しました!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。お任せください。AVERYでは「起業・複業」の全てが学べます。
AVERYは、あなたにとって最適な起業・複業プランを自動提案。様々な知識を提供するたけでなく、人や機会ともつなぎ合わせます。起業・複業を志す人が使うべきプラットフォームの最適解です。
起業・複業の「学び」と「支援」に、高い費用を払うのは、もう終わりです。一緒に、ワクワクする事業を作り上げていきましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最