» STARTOUTで学ぶ!

継続を目的にするな。どんな時代でも生き残るための条件とは。

マインド|2017年04月04日

2017年04月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君、ウェブ制作してるの?」

アメリカ。ニューヨーク。
とあるカフェで仕事をしていたら、急に隣の男性が話かけてきた。
確かに僕のMacには作りかけのウェブサイトが表示されている。
プライバシーもなにもあったもんじゃないなと、まず思った。

僕が肯定すると、彼は急に目を輝かせて色々聞いてきた。
何年やってるの? これまでどんなの作ったの? 得意なのは何?
技術は言語を越えるというが、専門分野を問いただされるのは悪い気はしない。
僕自信も、本場アメリカのクリエイターが何を考えているのか知りたかったからだ。

男性はエンジニアだった。

ウェブのプログラミングから、アプリ開発まで出来るそうだ。
だが、どうやらデザインがからっきしダメらしい。

話を聞いて、もしかしたら相性がいいかもしれないと脳裏をよぎる。
すると、彼はものすごい勢いで詰め寄ってきて、とんでもない一言を発した。

「一緒にプロジェクトやろうよ!」

まさか、カフェで一緒に仕事する相手が見つかるとは想定外だった。
僕は、ここは挑戦だと想い、意を決して踏み込んでみることにした。

聞いてみると、仕事はとある企業のサイト制作だった。

そこまで複雑なものではないようで、見た感じ時間もかからなそうだ。
次の日から、近くのシェアオフィスに行って、数日作業することにした。

仕事そのものは、案外すんなりと終わった。

日本人のデザイナーがそんなにブランド化されているとは思わないが、どうやら日本人のデザイナーが作ってくれたんだ、というと、クライアントが面白がって気に入ってくれたらしい。

そんなことがあるんだろうかと度肝を抜かれたが、満足してもらえたのならいいことだ。

後日、一緒に仕事をしたエンジニアにバーへ連れて行ってもらった。
どうやら、彼のオススメのバーらしいが、まったく道は覚えられなかった。

彼の友人も何人か紹介してもらえた。
すごく楽しい人達だった。

飲みはじめて暫く経つと、彼は僕に相談を投げかけてきた。

彼はどうやら、今のエンジニア職を辞めて、サンフランシスコに行こうかと悩んでいるらしい。
サンフランシスコではまだ職が見つかったわけではなく、これから探すという。
今の生活は安定していて、このまま続けばいいと思っていたそうだ。
だが、やはり、自分の中でサンフランシスコに行きたいという想いが強い。

このままニューヨークにいれば、いい仕事をずっと続けることができる。
生活も安泰で、無事結婚して子供も出来て、愛する彼女と幸せに暮らすのだろう。
だから僕は「行きたい」という理由が明確に無いなら、ニューヨークでも良いと答えた。
彼はサンフランシスコに行って挑戦したいというだけで、その先が無かったのだ。

だが彼は、迷っていた。

酒を喉に流し込み、もう1杯オーダーする。
そして、次のお酒が運ばれてきた時、彼は一言呟いた。

「続けることが目的になってしまって、挑戦出来なくなるのが嫌なんだ」

なるほど、なかなか深い。
確かに何でもそうだ。

例えば現状の生活を考えるあまり、他の新規的な案に挑戦できなくなるかもしれない。
現状に満足してしまった企業のように、永遠と同じ仕事を繰り返すことになるかもしれない。

誰もが、一度そこに踏み込んでしまうと、手放すのが怖くなる。

おまけに人生は一度きりだ。
だからこそ、彼は一歩手前で踏みとどまろうとしていたのだ。

アメリカ人は個人的に、明確にビジョンが決まってる人が多いと思っていた。
だが、こんな人もいるんだなと、なぜか親近感を覚えていた。

確かに、このまま行くと、彼の安泰な人生が見えてくるようだった。
行き先がどんな場所か見えているところに、わざわざ行きたくないということだ。
彼は、仕事でも何でも、冒険がしていたかったのだ。

継続することは、時に絶大な効果を発揮する。
それどころか、継続が全ての成功への道だ。
だが、継続することが目的になることとは、少し違う。
あくまでも、何かを達成したり挑戦するための継続でなければ、進化は止まる。

時代は常に先へ先へと進化を続けているのだ。
現状維持だけで、生き残れるほど世の中は甘くはない。

そういう意味では、彼の判断は、未来の安定を築きあげる1歩なのかもしれない。

僕らは、その場で結果を出すこと無く、別れた。
だが、彼の意思は、僕に相談する前に既に決まっているように見えた。
時に人は、誰かに確認することで、その意思を硬めようとする。

その数日後、彼はサンフランシスコに拠点を移すことを僕に伝えてくれた。
彼の報告を聞いて、僕も「未来を作るための生き方」をしなければと誓っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家にいても、収入を得る力、手に入れてみませんか?

WEB制作技術を習得し、自分のWEBサービスを作ってみよう!

将来、WEBデザイナーになりたい、エンジニアになりたい。
自分のサービスを作って食べられるようになりたい。
そんな方に向けて、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービス「STARTOUT」を開発しました。
自分の事業やサービスアイディアの出し方から、マーケティング、そしてWEBデザインやプログラミングの技術まで体系的に学習できます。
ゼロからWEBサービスを作り、販売し、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら!

 さらに収益化するための情報はこちら!

SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。その後、アメリカで事業デザインを無理やり学ぶ。帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。また、すべての人に起業スキルをというビジョンのもとに、複業と起業の教育・支援プラットフォーム「STARTOUT」を開発、運営。

  1. ホーム
  2. マインド
  3. 継続を目的にするな。どんな時代でも生き残るための条件とは。

SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。その後、アメリカで事業デザインを無理やり学ぶ。帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。現在は月3万円、家つきで「WEB×英語×事業づくり」を習得する「IT留学シェアハウスWORKROOM」をセブ島で開始。講座も無く先生もいない「教えない学校」として話題。また、すべての人に起業スキルをというビジョンのもとに、複業と起業の教育・支援プラットフォーム「STARTOUT」を開発、運営。

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら

ついに! STARTOUT登録開始しました!

自分のWEBサービスを作りながら、制作技術を習得しよう!

STARTOUTとは、WEB制作×サービス作りのオンライン実践学習サービスです。
ゼロからWEBサービスを作り、収益化しながら技術を習得してみましょう!

 詳しくはこちら