世界中、どこでも事業を作れるスキル一式、手に入れよう。

事業を作るスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式習得!

世界のどこでも気軽に事業を「実現できる自由」を手に入れる。
事業を作るクリエイター育成プロジェクト、WORKROOM:make募集開始!

 詳しくはこちら

SHOTA UEYAMA.com

Menu

自分で稼げる人とそうでない人。隠された3つの違いとは。2016.11.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業や副業で、上手いこと出来る人と、そうじゃない人の「根本的な違い」って何なんだろうなと考えてみた。

するとまず、知っているか、知らないか、という「情報や体験」の格差であることに気づく。

例えば、普段から大きな金額の取引をしている人は、大きな金額でも無理なく扱うことが出来る。

ところが、普段から小さな金額だけを目にしている場合、大きな金額の扱い方が分からず、むしろ恐怖さえ芽生えてしまう。

当然、大きな金額を扱う方が、成功したら大きいが、失敗した時のリスクも大きい。

小さな金額を扱うと、成功は小さいけども、失敗も小さい。

大きな金額を扱う人は、大きな金額の扱い方を知っているけど、小さな金額を扱う人は大きな金額の扱い方を知らない。

ただ、扱う金額の差、というだけで生き方や人生に、大幅な差があらわれている。

こうすれば集客できる、ということを知っていれば集客は容易いし、知らなければ右も左も分からず、ただただがむしゃらにやってみるしかない。

知っているか、知らないか。

情報の格差がつまり、出来るか出来ないかの差として現れる。

情報を実現する「実行力」と出来るという「実感」も必要。

ただ、情報を知っていたとしても、出来ないことが多い。

それは、やらなかったり、行動しなかったり、やったとしても、どこか軸がぶれていたり、情報を取り違えていたり、たくさんの原因がある。

僕が思うに、この原因は「実感」や「経験」にともなって起こるものだと考える。

情報を手に入れた人の、大半の人が、こう言うと思う。

「やり方はわかったんだけど、出来るかどうかは分からない。」

「なんとなく簡単そうに聞こえるけど、出来る実感がない」

ほとんどの人が、情報を知った上で、まだなんとなく出来るのか出来ないのか、よくわからない状態にあるはずだ。

それは、実際に聞いただけだと「本当にそれが実在するのか」「自分にも可能なのか」について、感覚で理解していないからだ。

スポーツなどで、頭で分かっていても、身体がついてこない状況と一緒だ。

実感がない。なんとなく、知っているだけで、現実はそうならない。

そして、人は情報を信じきれずに、実感が無いまま辞めていく。

結局のところ、情報だけ仕入れても出来ない人が多いのは、教えられたことや仕入れた情報がすぐに実現せず、途中で半信半疑になって辞めるからだ。

諦めないために、信じ切るために「環境」も必要。

この問題に関しては、相応の「環境」や「頑張ろうという雰囲気」「文化」に身を置き続けることで、解決する場合が多い。

一緒に何かを目指してくれる「仲間」や「空気」があれば、情報共有しながら目標に向かって突き進んでいける。

友人や知人のネットワークで「あそこにいる人は成功していう人が多い」といったグループがあるけど、それは助け合える環境がそうさせているからだ。

環境や文化、空気は継続していくために必要な要素だ。

自分で「考える力」が無ければ長続きはしない。

さらに、難しいことに、教えられたことをそのまま実行しても、出来ないケースがある。

例えば、自分自身で作り出したアイディアを実現させるとき、そこにはある程度のセオリーはあったとしても、状況に応じて、自分自身で試行錯誤しなきゃならない。

セオリーに上乗せする形で、自分で「こうすればいけるんじゃないか」と考え、実験し、上手くいく、という体験が必要だったりする。

また、自分で考えることが出来なければ、結局のところ「稼ぎ続ける」ことは出来ない。

時代は常に移り変わっているのだから、時間と共に、今使っている方法論が通用しなくなることの方が多い。

特にインターネットやテクノロジーは、進歩が早いわけで、仕組みが出来た数ヶ月後に、もう機能しなくなってしまう、ということも可能性としてある世界だ。

そんな時、自分自身の頭で考えることが出来れば、危機を脱することも出来るけど、自分の頭で考えることができなかったら、もはやそこで終わってしまう。

一度成功したとしても一発屋で終わってしまうケースも存在する。

つまり、しっかり継続的に成功し続けるために必要なのは、まず「情報」そして「経験」や「環境」、 さらに「自分で考える力」が必要になってくる。

裏返せば、情報があり、環境があり、経験をつみ、自分で考えられるようになれば、大体のことは成功できるということだ。

だからこそ「情報」「環境」「自分で考えるスキル」全てを一箇所で手に入れられ、基本的な方針も示してくれる、信頼できる場所が必要だ。

photo-1472162314594-eca3c3d90df1

世の中は嘘にまみれていて、特に情報に関しては、たいした経験もない素人が適当に誂えて高額で販売している場合も多い。

冷静であれば、価値なんかあるはずないと見抜けるはずだ。

それでも人は、切羽詰まったり、稼ぎたい、成功したいという心理が最高潮に達すると、それに価値の無いものだと感じながらも、文章で誘導され、購入に至ってしまう。

だから、まず「稼ぎたい」という欲望を最高潮まで引き上げてから、購入へのオファーをするという、心理的な手口を使ったりする。

こんな状況で、皆が副業や事業立ち上げに対して、もっともっと挑戦し易い環境を作るために、一体何をすればいいだろう?

「何を信じればいいのか分からない」という情報の嘘、そして、辿らなければならない過程、手に入れなければならないスキル、自分で考える力。

全部必要のないものは消し去り「正確なものだけ集められるような場所」が必要だ。

疑わしいものは全部無視して、必要な情報から、コミュニティから、スキルから、一挙に全部まとめて提供できる場があれば、全てが変わる。

そこにアクセスするだけで、正しい情報、環境、スキル、全て手に入れられる場所があれば、現状の「どうすればいいか分からない」を全て解決できる。

しかも、しっかりとした実績のある人々が管理した上で。

そうすれば、副業や起業をすんなり成し遂げられるだけでなく、自分で事業を仕掛けられる人も、もっともっと日本全国に増え、豊かに暮らしていける人も増えていくはず。

誰もが正しい情報と環境、そしてスキルを手に入れられるプラットフォーム。

しかも、基本的に無料で使える場所。

そこに大きな希望を感じていて、今後、実現していくべきことだと信じている。

世界中で、自在に、事業を作り出すスキルセット[ Web開発 × 事業デザイン ] + [ 英会話 ]一式を習得!事業を作るクリエイター育成プロジェクトWORKROOM:make始動!

将来、起業・複業するので知識を得て準備をしたい。起業・複業したいけど、何から始めていいかわからない。アイディアはあるけれど、実現できる技術がない。WORKROOM:makeで全て、習得しましょう。
WORKROOM:makeは、世界中で、自在に、事業を作るスキルセットWeb開発×事業デザイン×英会話を一式習得することで、1人からでも、事業を作り出せるクリエイターを育成するプロジェクトです。また、技術だけではなく事業作りの方法や思考、考え方、売り方、マーケティングなど、事業を作り上げるために必要なすべてを習得することができます。
これから事業を始めたい。けど、何から初めていいかわからない。技術もコネクションも、知識も足りない。そんな方にとって最適な場所として作り上げました。
事業作りに必要なスキルと知識、すべて訓練し、自在に事業を作る自由を手に入れましょう!
» 詳しくはこちらから!

上山 翔太 / SHOTA UEYAMA

起業家×ウェブクリエイター。日本国内だけでなく世界中で活動。
2015年、セブ島にて立ち上げた日本人対象のクリエイター育成スクールを売却。
帰国後は起業家育成プログラムを立ち上げ、起業家育成に従事するほか、中小企業様のマーケティング戦略策定、ウェブ開発技術を個人で提供。
現在はアメリカの投資家と組み、日本において、ベンチャー起業の投資および、取締役としてメンバーに参加する形での、企業支援・起業家育成活動に取り組む。

Facebookお気軽にフォロー&友達申請してください^^
つぶやきは大体ITや起業・マーケティング関係ですが。笑
https://www.facebook.com/shotaueyama01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、登録すべき! Amazonプライム!

アメリカの経営者から聞いた、最低賃金の怖い話。

そこで、翌日、サンタモニカで他の経営者に話を聞いてみました。 どうやら、ここ数年で物価が上がったのは間違い無いとのことで。 なぜ、そこまで物価が上がったのか尋ねると「最低賃金」の影響だと言うんですね。 オバマ政権の時に最